1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

「スノーボードスロープスタイル女子」強風の中での強行に不満噴出

盛り上がりを見せる平昌オリンピックですが、強風の中強行されたスノーボード・スロープスタイル女子に不満の声が噴出しています。

更新日: 2018年02月13日

15 お気に入り 116212 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼のおける記事を参考に作成しています。

■盛り上がりを見せる「平昌オリンピック」

韓国・北朝鮮の合同入場やキム・ヨナさんの点火などで話題となったが、上半身裸で入場行進をしたトンガ代表団の旗手も熱い注目を集めた。

不安材料が見える平昌五輪。ただ一方で、運営スタッフやボランティアスタッフ、市民の対応は海外の記者も含めて、高い評価を得ている

美帆つかんだ! 金に肉薄の銀メダル-。スピードスケートは12日、江陵オーバルで女子1500メートルが行われ、高木美帆(23)=日体大助手=が1分54秒55で銀メダルを獲得した。

モーグル男子決勝は、原大智(20)=日大=が上位6人による最終3回目で最終競技者として出場し、82・19点で銅メダルを獲得した。

そんな中、スノーボード・スロープスタイル女子に不満が噴出していた

■この競技には鬼塚雅などメダルを期待される選手が多数いた

同種目は15年世界選手権優勝の鬼塚雅(19=星野リゾート)や期待の新星・岩渕麗楽(16=キララクラストク)らメダルが期待されている。

その視線は金メダルを見据える。そのために鬼塚は、練習では決めているものの、まだ公式戦では成功していない「バックサイドダブルコーク1080」が必要と自覚

鬼塚 バックサイドダブルコーク1080は点数が高くて、それができたら確実に優勝か2位

■不満の要因としては、まず強風で予選がなくなり決勝一発勝負

連日吹き荒れる強風が、様々な種目に影響を及ぼす事態となっている。平昌郊外のフェニックス・スノーパークでは、スノーボードスロープスタイルの女子予選が中止

明日12日の決勝に、27人全員が出場し、順位を決める方向で、夕刻に行われるミーティングで正式決定する。

同日、旌善アルペンセンターで予定されていたアルペンスキー男子滑降も強風のため15日に延期になった。

■そして決勝も、強風が…。その中で強行された

スノーボード・スロープスタイル女子決勝は見ている側にも危険を感じさせる強風の中で強行された。

50回あった滑走のうち、41回でつまずきと転倒があった。幸運だったのは、大きなけが人が出なかったこと

特に影響を受けたのは、ジャンプ。強烈な向かい風を受ければ斜面まで届かず、平面の場所に着地し転倒。追い風を受ければ飛びすぎてしまう

3つあるキッカーでは着地する斜面まで届かない転倒も続出し、多くの選手が自らのルーティンを完遂できなかった。

1 2