1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

bbmtm0281さん

そもそも仮想通貨とは何?

仮想通貨(かそうつうか、英語: virtual currency)は、米ドルやユーロ、日本円などの通貨に対して、特定の国家による価値の保証を持たない貨幣のこと。

2018年現在、ビットコイン等に代表される、暗号理論を用いて電子的に発行される通貨(=暗号通貨)が広く知られている。

電子マネーは特定の信用のある、または法的に信用強制された企業等が管理する代用貨幣であるが、仮想通貨は一定のコミュニティの間で特別な限定なく広く交換される貨幣と言う点で異なる。

リップルとは?

リップルとは3つの側面から説明ができます。

まず、法人としてのリップルです。Ripple Labs, INC.という社名で社長はChris Larsenです。

次に、プロトコルとしてのリップルです。プロトコルとしてのリップルは決済や送金の為の電子送金プロトコルです。ブロックチェーンを使用しない為、即時送金が可能。Ripple Labsが法定通貨等との交換を保障します。

最後に、仮想通貨としてのリップル(XPR)です。XRPは“ゲートウェイ”と呼ばれる業者を通して法定通貨やビットコインと交換することができます。リップルプロトコルで法定通貨を送付するときにXRPを消費します。

XRPはリップル・ネットワークのネイティブな通貨である。XRPはドルやユーロとは違い、リップル内にのみ存在する生来の電子的な資産である。

1000億XRPがリップル・レジャー内にプログラムされており、リップル・プロトコルのルールでそれ以上は発行されることがない。XRPはリップル内で唯一の資産となる通貨である。

リップルの特徴とメリット

より効率的な国際送金の実現

リップルは従来よりも効率的な形でグローバルな価値移動を実現します。従来の銀行を通じた国際送金では、送金に数日かかることや、送金手数料が高いことが問題視されてきました。

リップルでは、国際送金を即座に、かつ低い手数料で行うことができます。たとえば、日本で発行したIOUをリップルネットワークを介して取引し、そのIOUをすぐにアメリカで交換することができるのです。

リップル採用を表明する国内大手金融機関

国内では、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行、りそな銀行を含む大手金融機関が2016年から続々と Ripple の採用を表明し、金融機関向けエンタープライズ製品への Ripple の統合が進められています。2017年8月19日現在、61の国内金融機関が Ripple を利用した送金インフラの構築を行うための『内外為替一元化コンソーシアム』に参加しています。

2018年1月には、Ripple の XRP が時価総額でビットコインに次いで世界第2位に躍り出ました。

リップル社CEOのブラッド・ガーリングハウスは、国際的な送金事業者5社のうち3社が2018年中に XRP を利用した国際送金を開始することを明かしました。

リップルの将来性

カウンターパーティリスクをできる限り軽減するためには、銀行など信頼性の高い機関がゲートウェイを開設する必要があります。一方銀行側にとってもリップルを導入し国際送金の利便性を高めることは大きな利点となります。実際にリップルは、既存の大手金融機関とアライアンスを進めています。リップルは、枠組みを有効に活用する形で既存の金融機関と併存した形で国際送金の利便性を高めることができる可能性があります。将来的には国際送金ネットワークの根幹を担っていく可能性をも秘めていると言えるでしょう。

リップルの情報収集に便利なニュースアプリ

リップルの購入方法

XRPを入手するためには、個人間で譲ってもらうか、取引所や販売所を利用する必要があります。

リップルを取り扱う取引所

まずは自分のアカウントを開設し、日本円や仮想通貨を入金し、レートを確認して購入します。

手数料や出金にかかるコストもチェックしておくべきポイントです。

公式サイト

1