1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

サッカーでは男子顔負け。1500mで銀「高木美帆」の能力がヤバい

スピードスケート女子1500mで見事銀メダルを獲得した高木美帆さんですが、スケート以外でもサッカー、ダンスと多彩すぎる才能があるということが分かっています。その能力についてご紹介します。

更新日: 2018年02月13日

11 お気に入り 89560 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼のおける記事を参考に作成します。

■見事「銀メダル」を獲得した高木美帆選手

平昌五輪スピードスケート女子1500メートルに12日に出場した高木美帆=日体大助手=が銀メダルを獲得した

両手を挙げながら表彰台に跳び乗った。メダルを狙うという覚悟で五輪の大舞台に臨み、そして、メダルを獲った。十分に晴れがましい笑顔だった。

うれし涙が止まらなかった。高木美帆(23=日体大助手)が1分54秒55でスピードスケートの個人種目では日本女子史上初となる銀メダルを獲得した。

スピードスケート女子では1998年長野大会の岡崎朋美さん以来、20年ぶりの個人種目でのメダルを日本にもたらした。

スピードスケートの日本女子は、10年バンクーバー五輪の団体追い抜き(穂積雅子、小平奈緒、田畑真紀)で銀メダル獲得しているものの、個人種目では銅が最高で史上初

日本のエースとして金メダルが期待される女子団体追い抜き(21日)にも弾みをつけた。

15歳で1000メートル最下位、1500メートル23位だったバンクーバー大会から8年。素晴らしい滑りを披露した。

15歳で五輪の舞台を経験したが、世界を相手にまったく刃が立たず、19歳で迎えるはずだった2014年ソチ五輪では国内選考で敗れ、代表落ちの屈辱を味わった。

「やっぱり強いね」と何げなくつぶやくと、デビット・コーチは「なぜ、同じ人間ができたことなのに、自分はできないと思うんだ。俺なら『自分もできる』って思うぞ」と返してきた。心に刺さった。

「やっぱり強いね」=ベルリン世界選手権の時、3大会連続で五輪の金メダルを取ったイレイン・ブスト(オランダ)に対しての高木美帆選手のつぶやきです。

■高木美帆選手の活躍を称賛する人々の声

高木美帆はや・・・!途中の追い抜きのシーン素人目にもすごいってかんじる

高木美帆さん、めっちゃ感動するわ。何回見ても涙出そうになる笑 8年前、最下位で今回、銀メダルでしょ?この8年間本当に辛かっただろうなって思うと本当に感動しますね。 もともと才能あったんでしょ?って簡単に言うことは出来ますが天才… twitter.com/i/web/status/9…

昨日はメダルラッシュで良いところが見れて良かった‼️ 特に高木選手は十代で注目されたオリンピックから落選を経てのメダリストと言うのは感動したなぁ #平昌オリンピック #高木美帆

@nhk_sports 高木美帆選手、銀メダルおめでとう❤️感動をありがとう✌️

そんな高木選手の才能が多彩すぎた

■なんと、サッカーでは男性に混ざって活躍

ダイビングヘッドをして眉毛のあたりから血を流したこともあった。技術も高く、男子にも当たり負けしない。中2のころは有望選手が集まる合宿にも参加した

小学2年で姉に連れられ始めたサッカーは中学時代、男子からFWのレギュラーを奪う点取り屋で、15歳以下女子日本代表候補合宿にも呼ばれた

ちなみにこの時、美帆と共にトレセンに参加したメンバーには高木ひかり、大矢歩、猶本光など、2017年度に日本女子代表に選出されている選手がいた

■ヒップホップダンスや陸上競技も経験

スケートをしたくない理由で中学まではサッカー、ヒップホップダンスを始めるが、ここでも才能が光った

スケートに加え、陸上、サッカー、ヒップホップダンスなどで培われた高木美の運動能力、バランス感覚を知った

1 2