1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

ここでは葉酸サプリの効果を分かりやすくまとめています!女性も男性も必見です!

hujiyuri0224さん

そもそも葉酸とは

葉酸(ようさん)とは、ほうれん草の抽出物で、水溶性ビタミンB群の一種。

赤血球を作り出す働きが葉酸にはあります。

正常な赤血球を作り出すためには、葉酸が必要です。

葉酸はたんぱく質の合成にも関わっていますし、細胞を作り出す効果もあります。

葉酸は、水溶性のビタミンB群の仲間です。造血作用、細胞の分裂・増殖を促す作用、高血圧や心臓疾患の予防のほか、妊娠初期には着床を促す効果や、胎児の細胞分裂を促進する作用、胎児の先天異常を予防する働きがあります。妊娠中のママはもちろん、おなかの赤ちゃんにも欠かせない栄養素です。

葉酸は、妊娠前・妊娠中・出産後の女性に欠かせません!

胎児は1個の受精卵から細胞分裂を繰り返して成長していきます。葉酸はその細胞にあるDNAを作るサポートをする大事なビタミンで、体の造血をサポートするはたらきもあるといわれています。

DNAが正常に作られることで、細胞がきちんと作られ、脳や神経など生きていくために重要な部分も作られていくので、お腹の中で育つ赤ちゃんの成長に葉酸は欠かせないビタミンなのです。

妊娠初期というのは人間の成長においてもっとも細胞分裂が盛んな時期といえます。だいたい受胎してから1ヵ月ぐらいまでが細胞分裂の非常に活発な胎児期なのです。

この細胞分裂が活発な胎児期に葉酸が不足すると、無脳症や神経管閉鎖障害による病気がおこるリスクが高くなるといわれており、厚生労働省や産婦人科も妊娠を計画している女性に対して葉酸摂取を推奨しています。

女性だけでなく男性にもおすすめ!

葉酸は細胞分裂と増殖をサポートする成分。

男性には、健康な精子を作り出すサポートをしてくれます。

葉酸不足すると、精子の細胞分裂・増殖が正常に行われにくくなり、染色体異常のある精子が生まれやすくなるそうです。


染色体異常をもった精子は、胎児が先天的障害になりやすいと言われています。

男性の不妊に効果的??

今後、葉酸が男性不妊の改善に力を貸してくれるかも!

葉酸はサプリで摂取するのが効率的

1日に必要な葉酸の目安摂取量は480㎍(マイクログラム)。

緑黄色野菜やレバーなどに多く含まれる葉酸ですが、
一日に必要な葉酸を摂取するためには、
非常に多くの量を食べなければいけません。

食べ物から摂取できる葉酸は吸収率が悪いのが特徴。

食べ物からだけでなく、サプリで効率よく摂取するようにしましょう。

葉酸の効果的な摂取時間帯について

葉酸サプリのボトルには、

「食前」「1日〇回」「食後」などと、飲むタイミングや摂取量について明記されていません。

ですが、葉酸サプリの効果的な摂取時間帯は、「食間」が理想。

胃の中に何もない空腹時のほうが、吸収率がグンとアップします。

できるだけ「朝食と昼食の間」「昼食と夕食の間」に摂取してください。

また就寝前も効果が高いそうです。

就寝前は肝臓の血流が下がるので、サプリの有効成分が血液の中に吸収されやすい状態になると言われています。

胃が弱い人は食後に!

基本的に「食間」摂取するのがおすすめですが、
胃腸が弱い人は除きます。


胃腸が弱い人が空腹時にサプリを飲むと、胃の負担がかかりすぎる恐れがあります。


空腹時には胃液の分泌が少なくなるため、サプリの錠剤が溶けにくくなりがち。

よって、胃痛を引き起こす場合があるのです。

胃が弱い人は、食後に飲むのがおすすめ。


食後30分以内に飲むようにしてください。

葉酸サプリと一緒に摂りたい成分!

1.ビタミンC

葉酸はビタミンCと一緒に摂取することで、吸収率がグンと高まります。ビタミンCが多く含まれている食材は、赤ピーマンはいちご、モロヘイヤ、キャベツ、キウイフルーツなど。モロヘイヤやいちごは、ビタミンCだけでなく、葉酸も多く含まれています。毎日の食事のメニューに多く取り入れていきたいですね。そのほか、ビタミンB6、ビタミンB12も葉酸との相性がいいビタミンです。

また、葉酸は水に溶けるビタミンなので、茹でる調理をすると、せっかくの栄養が摂取できないこともあります。そのまま食べるほか、加熱するなら電子レンジ、蒸す、炒めるといった調理方法がおすすめです。

2.鉄分やカルシウム

1 2