1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

m.strong.9さん

◼︎とろろ昆布とは

スーパーの乾物コーナーの棚に置いてある
袋に入った緑色のふわふわしたあれ。

とろろ昆布は、何枚もの昆布を重ねてその側面を削ったものです。

削ったものを広げてみると木目調の模様が見えます。その筋が一枚の昆布の側面です。

何枚もの昆布を皮ごと削っているので、深い味わいが楽しめます。

細く糸状に削れているので、手でほぐせばふわふわとちぎれます。

おぼろ昆布とは違うの?

おにぎりなどに巻いてあるのは
おぼろ昆布が多いですね。

おぼろ昆布は、一枚の昆布の平面をカンナをかけるように削ったものです。

削ったものを見ると帯状で、とろろ昆布の見た目がふわふわだとすると、おぼろ昆布はひらひらな見た目です。

◼︎「とろろ昆布」はダイエットに効果がすごい

佐藤江梨子さんがとろろ昆布ダイエットを
実践しているということで話題に。

とろろ昆布ダイエットの効果の秘密は「アルギン酸」と「フコイダン」です。

この二つの成分がものすごく含まれております。私たち人間は食事を行った際、糖質や脂質も当然のごとく摂取します。
しかし、摂りすぎてしまった糖質や脂質は小腸で吸収され、体脂肪として蓄積されるのです。ところが、アルギン酸、フコイダンは、これらを包み込み、吸収させずそのまま便と同時に排泄することができる優秀な水溶性食物繊維なのです。

・アルギン酸

ヌメリの正体が「アルギン酸」です。

海藻を食べるとヌメリがあると思います、とろろ昆布は乾燥状態ですが、食べるときちんとヌメリが出てきますよね。
とろろ昆布は薄く削れているので、体の中に入ってからの分解が早く色々な働きが期待できます。

・フコイダン

とろろ昆布ダイエットのやり方は非常にシンプル

とろろ昆布だけ10g食べたり、食後に食べたりしても糖質や脂質の吸収が行えないので、必ず、食事中にとろろ昆布を食べるようにしてください。

一般的な食べ方としては、お味噌汁に入れる、うどんに入れる、パスタにかける、ご飯に乗せる、お好み焼きなどお料理に使う、など…もちろんこれでも問題ありませんので、レシピは自分なりに工夫してみてください。

◼︎他にもある嬉しい2つの効果

1.骨粗鬆症予防

昆布のカルシウムは牛乳の約7倍もあります。

女性の骨は年齢とともに、どんどんもろくなっていくため、昆布を食べてしっかりとカルシウムを補うことが大切です。

2.美髪・美爪効果

昔から「海藻類は髪に良い」と言われますが、昆布に含まれる「ビタミンB1」には、疲労回復効果がある他、髪や爪にツヤを与える効果が期待出来ます。

また、ネバネバ成分の一つである「フコイダン」には、抗酸化作用があり、毛母細胞を活性化する働きがあるとされています。

※昆布は摂取量にも注意!

昆布に特長的な栄養素「ヨウ素」は毒にも薬にもなる。

「ヨウ素」は甲状腺ホルモンの原料。

甲状腺ホルモンが不足するとお肌がカサカサになりやすいため、ヨウ素を補うことが大切なのです。ただ、過剰に摂取すると逆に甲状腺が低下するという働きもあるので、食べすぎには注意が必要です。

人間の身体の中にあるヨウ素のうち、実に92%以上が甲状腺にあります。

ですので、摂り過ぎた場合も甲状腺のトラブルとして過剰症が現れます。

もちろん適量であれば問題なし♡

日頃、お味噌汁を飲まない人、肉中心の和食離れした食生活を送っている人はぜひ、意識して昆布を摂るようにしてみてください♩

1