米国海洋大気庁(NOAA)によると、地球温暖化により一定の気温・湿度になると、2050年にカカオの木が絶滅するおそれがあるという

出典2020年「チョコレート危機」は本当に来るのか | 食品 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

2050年になったらチョコレートが食べられなくなるかも

米国海洋大気庁の調査によると、このまま地球の温暖化が進むと2050年までに世界中のカカオの木が絶滅する恐れがあると発表しました。

このまとめを見る