カカオの生産世界第一位のコートジボワールでは、カカオは収益性が低いため、より収益性の高いゴムの生産に移行する農家も増えているといわれています

出典【解説】チョコレート値上もカカオ生産者の暮らしは変わらない? | 世界の子どもを児童労働から守るNGO ACE(エース)

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

2050年になったらチョコレートが食べられなくなるかも

米国海洋大気庁の調査によると、このまま地球の温暖化が進むと2050年までに世界中のカカオの木が絶滅する恐れがあると発表しました。

このまとめを見る