1. まとめトップ

コインチェックが出金再開・・・会見で分かった今後の予定は?

580億円相当のNEMが不正流出したコインチェック。13日に出金が再開された中、会見が行われた。

更新日: 2018年02月14日

0 お気に入り 4316 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

結局補償のお金はどこからでてくるかは分からず。また最近の市場は株価が崩れたりした一方で、BTCなどは堅調気味。避難先として仮想通貨が選ばれたりは・・・ないか( ˘ω˘ )

tonkatudjさん

メディアで取り上げられることが多くなった仮想通貨

ビットコインはひとつしかありませんが、アルトコインは1,000種類以上存在します。アルトコインとは直訳で「(ビットコインの)代わりとなるコイン」という意味です

そんなアルトコインの一つ「NEM」

コインチェックが顧客から預かっていた580億円相当の仮想通貨「NEM」が1月26日に不正流出した

顧客に対しての保証は「日本円」で対処

今回の流出事件を受け、コインチェックはハッキング被害にあった26万人に対し日本円で補填をするという旨の方針を発表している

流出が発覚した後、コインチェックはネムやリップルを含む全ての仮想通貨と日本円の出金を停止した

補償時期や手続きの方法に関しましては、現在検討中です。なお、返金原資については自己資金より実施させていただきます。

13日に開かれた会見で分かったことは

コインチェックは同日、再発防止策などを盛り込んだ報告書を金融庁に提出したが、金融庁とのやりとりについては「お答えできない」

報告書の内容についても「詳細な内容は弊社HPをご確認ください」と述べるにとどめた。

仮想通貨取引所コインチェックは13日午前、停止していた顧客口座の日本円出金を再開した。流出が発覚した先月26日以来半月ぶり

今日から再開した日本円の出金について「出金を再開させていただいた。本日付で頂いている合計401億円は出金指示を終了し、お客様の手元に出金させていただいた

他仮想通貨の送金と売買再開については「外部のセキュリティ専門会社とひとつずつ確認し、ネットワーク、システムすべて安全の確認がとれたら送金と売買を再開できるよう準備を進めている」とした

メディア各社に対して、「継続して事業をさせていただく。いま、一歩一歩改善を進めている」と述べ、あらためて事業を継続する方針を強調した

大塚氏は、不正送金された仮想通貨『NEM(ネム)』に関して「補償の目途(めど)は立ってきた」「継続して事業をさせていただく」」としながらも、具体的な保証時期については明らかにしなかった

1 2