1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

「カンヌ国際映画祭」コンペ部門決定!是枝裕和監督『万引き家族』が楽しみ

“ 家族”を描くことに定評があり、国内外で高い評価を受ける是枝裕和監督。その最新作のタイトルが「万引き家族」に決定。先行して発表されていたリリー・フランキー、安藤サクラ、松岡茉優、樹木希林に加え、池松壮亮、高良健吾、池脇千鶴、柄本明、緒形直人、森口瑤子、山田裕貴、片山萌美という豪華キャスト。

更新日: 2018年05月20日

7 お気に入り 13079 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆“ 家族”を描くことに定評がある是枝裕和監督

出典eiga.com

子役の演出にも定評がある

『誰も知らない』では、母親(YOU)に置き去りにされた兄弟たちのサバイバルな日常を淡々と綴り、この作品をきっかけに“家族”を描くことに定評があると評価されている。

◆その手腕は国内外で高く評価されている

カンヌ国際映画祭(2013)

95年、初監督映画『幻の光』が第52回ヴェネツィア国際映画祭で金のオゼッラ賞等を受賞。04年、『誰も知らない』がカンヌ国際映画祭にて映画祭史上最年少の最優秀男優賞(柳楽優弥)を受賞し、話題を呼ぶ。

13年、『そして父になる』が第66回カンヌ国際映画祭コンペティション部門審査員賞受賞。15年、『海街diary』が同部門に正式出品され、国内でも日本アカデミー賞作品賞をはじめ各賞を席巻した

◆そんな是枝監督が再び“ 家族”を描く新作映画

是枝裕和の新作でリリー、安藤サクラ、松岡茉優、樹木希林が“家族”に、6月公開予定(コメントあり) natalie.mu/eiga/news/2639… pic.twitter.com/7XYlXA8EZ8

さまざまな“家族のかたち”を描き続けてきた是枝監督が、「血のつながりについて、社会について、正しさについて、10年くらい自分なりに考えて来たことを全部この作品に込めようと、そんな覚悟で臨んでいます」と語る、渾身の最新作。

◆常連の「是枝組」に加え、安藤サクラや松岡茉優ら新キャストも

東京の下町に暮らす一家を日雇い仕事で養う父・柴田治を演じるのは、是枝作品に4度目の参加となるリリー。その妻・信代役は是枝組初参加の安藤が務める。

安藤サクラ

また祖母・初枝役に樹木、信代の妹で風俗バイトをしている亜紀役に松岡がキャスティングされた。

樹木希林、松岡茉優

さらにオーディションで選ばれた2人の子役も出演。治とともに万引きに精を出す息子・祥太に城桧吏、体中傷だらけで団地の廊下にいたところを治が連れ帰るじゅりに佐々木みゆが扮する。

◆気になるストーリーは?

物語の舞台は、再開発が進むなか、ポツンと残された古い住宅街。日雇い仕事の父、治(リリー)と息子の祥太(城)は“親子”ならではの連携プレーで万引きに精を出している。

ある日、帰り道に団地の廊下で凍えている幼い女の子・じゅり(佐々木みゆ)を目にし、思わず家に連れて帰った治は、体じゅう傷だらけの彼女の境遇を察し、妻の信代(安藤サクラ)も面倒をみることに。

祖母・初枝(樹木希林)の年金を頼りに暮らすその一家は、風俗のバイトをしている信代の妹・亜紀(松岡茉優)、そして新しい家族のじゅりも加わり、貧しいながらも幸せに暮らしていたが、ある事件をきっかけに家族の隠された秘密が明らかになっていく。

◆そして正式タイトル決定 豪華追加キャストも発表された

[映画ニュース] 是枝裕和監督最新作に池松壮亮、高良健吾、山田裕貴ら参戦!タイトルは「万引き家族」に決定 eiga.com/l/AgDe6 pic.twitter.com/U5uCCmq7Df

また、池松壮亮、高良健吾、池脇千鶴、柄本明、緒形直人、森口瑤子、山田裕貴、片山萌美という豪華な面々が出演していることも明らかになった。

風俗店の常連客を演じる池松は、せりふがほとんどない難役を持ち前の演技力で熱演。池脇と刑事役でタッグを組む高良は、是枝組に初参加。「この仕事を始めた頃から憧れの監督。ご一緒したかったので、目標がかなってうれしい」と声を弾ませた。

◆ネットではさっそく反響

1 2