1. まとめトップ

天才や頭のいい人が積極的に食べているもの、飲んでいるもの

天才たちは何を食べているかという率直な疑問から生まれたまとめである。また、それを食べれば天才に近づくことができるのではないかというささやかなる願望である。

更新日: 2018年02月15日

7 お気に入り 272 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ドラマの主人公は天才という設定で食事や飲み物の好みを作り上げる。ということで、それは脳への何らかの効用や効果が認められるからであろう。

a1oさん

杉下右京「紅茶」

東京大学法学部の設定
東京大学の学生の平均IQが120ぐらいという論説もありで120以上は確実にある。

「夜飲まないと眠れない」ほどの紅茶通

カップに紅茶を注ぐ時にポットを高く引き上げて戻すという独特な注ぎ方をする

【紅茶の効果】

紅茶にはカルシウムやカリウム、ビタミンB1・B2、ナイアシンなどのビタミン類やミネラルに加えて、テラフラビン、紅茶フラボノイド、カフェインという紅茶固有の有効成分があります。

抗酸化作用・血中コレステロールの抑制作用血糖上昇抑制・動脈硬化抑制作用が期待できます。これらの作用によって、生活習慣病の予防にも効果があると言われています。

【紅茶 脳への効果】

リラックスしたいと思ったら、一杯の熱い紅茶や緑茶は最適だ。その効果はリラックスだけに留まらない。最新の研究によると、脳の働きをも活性化するという。

紅茶や緑茶を飲んでから30分以内ですでに、記憶力や決断力など脳の神経活動が著しく増すことがわかった。

湯川学「コーヒー」

考え事をする時にはインスタントコーヒーを飲むことが多く、常に研究室に置かれている。これは、味などは関係なく、単に「レギュラーを入れる時間が無駄だから」という彼らしい

納豆・オクラなどネバネバしたものが好物であり、学食のシーンではたいてい納豆などの入った小鉢をかき回すシーンが見られる。

【コーヒーの効用】

カフェインは植物界に広く存在するアルカロイド(含窒素塩基性物質)の一種でコーヒー豆の他にお茶の葉やカカオの種子などに含まれています。

【コーヒーの脳への効果】

大脳皮質に作用して精神機能、知覚機能を刺激する結果、眠気や疲労感を取り除き、思考力や集中力を増す

L (DEATH NOTE)極度の甘党

架空の探偵として天才。世界の迷宮入り事件を何度も解決したとされる。
設定は極度の甘党だ。

極度の甘党で、推理の現場ではことあるごとに菓子やデザートといった甘味の間食を欠かさず、コーヒーや紅茶等の飲み物には砂糖を大量に入れる。

糖分の取りすぎでも太らず、体調も崩さないのは「頭を使っているから」だと述べている。

【甘いものの脳への効果】

人は、「甘いものは好ましい」という太古の昔からの記憶によって、砂糖を口にすると、快感中枢を刺激され、脳内でエンドルフィンが分泌されます。

他にもいろいろなホルモンが分泌され、肌の色をよくし、体の調子を整えます。その結果、感情が豊かになるので、子供の情操教育にも甘いものは大切です。

ドクターXの主人公天才外科医「大門未知子」の設定にも手術後にコップ一杯のガムシロップを飲むシーンが流される。

・他に

チョコ好き楠田枝里子

日本のフリーアナウンサー、タレント、司会者、エッセイスト、翻訳家、サイエンスライター。元日本テレビアナウンサー。

チョコレート好きとしても知られ、カカオ分を多く含んだチョコレートを常にストック・携帯している。

【チョコレートの効果】

1 2