1. まとめトップ

【最新人生が変わる邦画】本当に泣けるものを集めました。

年間200本の映画を見ているわたしが、本気で選びました。

更新日: 2018年02月15日

0 お気に入り 101 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

年間200本の映画を見ているわたしが、心を揺さぶられた映画を紹介します。

私の自己判断になりますが、人に絶対におすすめしたい映画を紹介します。
人に優しくしたい。家族に感謝したい。健康な事に感謝したい。
心改められるような、すてきな邦画を自信持っておすすめします。
あらすじはほぼ書いておりません。まっさらな状態で見てほしいからです。

バラエティ番組の放送作家の三村修治は、「楽しい」ことを追及して仕事一筋でやってきたが、余命が6か月と宣告されてしまう。遺される家族を支えてくれる人を探すことを最後の企画として立案し、妻に替わって再婚相手を探すこととなる。信頼できる仲間の手を借りながら、妻の再婚相手を探すため、三村は奔走する。

クスッと笑えるところもありますが、最後にかけては涙がポロポロ溢れてくる作品です。

北海道の函館を舞台に、一匹のゴールデン・レトリバーと少女のかけがえのない10年間を描く感動作。


途中までは穏やかな感じもあり、ふつうに見ていられるのですが、後半にかけては涙がとまりませんでした。

犬を飼っている方にはぜひ見ていただきたいですし、犬は人の気持ちを感じとる生き物なので、ほんとに家族同然ですね。

タイトルなどを見る限り、泣ける映画だとは思わないかもしれません。
阿部サダヲさんがとにかく面白くて、たしかにたくさん笑える映画です。

ですが私は声を出して泣いてしまいました。
意外な展開ばかりなのであらすじは説明したくありませんが、
こんなに笑えて泣ける映画ははじめてでした。

一家を支える大黒柱の漫画家女性とアルコール依存症の元戦場カメラマンの夫、二人の子どもたちとの、一風変わった家族のエピソードをつづっていく。

かあさんが奮闘するこの映画。はんぶん実話です。
家族が力をあわせ、笑顔になっていく映画です。

実話です。
婚約した恋人を8年待ち続け、
結ばれる2人の夫婦の物語。

このお話が現実だと思うと、
本当に感動します。

勇気をだして諦めた2人、
勇気をだして結ばれた2人。

運命ってあるんだと思わされました。

アンジェラアキさんの手紙の歌詞にあった映画となっています。

中学生時代、幼かったけど、
悩みはつきませんでした。

自分なりに葛藤して、
いろんなものと戦っていたのを思い出します。
わからない気持ちがわかる映画。

大人になってから、
中学生の気持ちを思い出せる映画です。

母親が家を出てしまい置き去りにされた11歳のトモが、
おじさんのマキオの家を訪ねると、彼は恋人リンコと同居していた。
トランスジェンダーのリンコは、トモに優しく接する。
トモの母以上に自分に愛情を注ぎ、
家庭の温もりを与えてくれるリンコに困惑するトモだったが……。

生田斗真さんが女性として出演しています。

性同一性障害について、
理解が深められる映画です。
ラストに、タイトルの意味が分かります。
体験したことのない登場人物の気持ちに、
すごく感動し、胸がしめつけられます。

ママをなくした、パパと子供のお話し。

ある町に住む秋穂巧は、1年前に妻である澪を亡くし、
息子の佑司と過ごしていました。
2人は生前澪が残した、「1年たったら、雨の季節に又戻ってくるから」という言葉が気になっていました。
そして1年後、雨の季節。2人の前に澪が現れます。
ですが、澪は過去の記憶を全て失っていました。

そこからはじまる、また新たな家族の物語です。

鉄筋さんのパラパラ漫画を、
実写化した映画です。

いつも帰りを待ってくれている、
優しくてあたたかい妻を、
会社のストレスなどから裏切ってしまう夫。

遊びほうけてかえってきても、
いつも笑顔でおかえりを言ってくれる妻。

自分のために最大限につくしてくれていた、
妻が病気にかかり、初めて愚かさに気づきます。

そこから、夫が妻へ挽回の一分一秒を送ります。

私が見てきて、一番衝撃を受けた映画でした。
こんな愛情があるんだ。
優しさがあるんだ。

すごく勉強になりました。
見返りを求めない、
無償の愛がわかります。

最後のラストであなたもきっと、
タイトルの意味が分かります。

ぜひ見ていただきたい作品です。

1