1. まとめトップ

【吹奏楽】演奏会におすすめ!ジブリ作品まとめ

演奏会やコンクールでも演奏されることも多いジブリ映画の吹奏楽アレンジの楽譜のまとめです。久石譲の作品など美しいメロディーが印象的ですね。複数の映画から人気曲をまとめた「ジブリメドレー」、そして「千と千尋の神隠し」の曲を紹介しています。

更新日: 2018年02月20日

0 お気に入り 1647 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

吹奏楽では定番のコンサートで大人から子供までみんなが楽しめるジブリ作品の一覧です。演奏会の選曲の参考にしてください。今では沢山の出版社から出ているのでまとめてみました。

Trumpetistさん

ジブリメドレー(複数の映画の曲からのメドレーです)

まずは、複数の映画から有名な曲を抜き出してメドレーにした曲から!

天空の城ラピュタより・君をのせて、風の谷のナウシカより・鳥の人、紅の豚より・帰らざる日々、となりのトトロより・風のとおり道の4曲からなるメドレーです。
森田一浩の編曲でしっとりと聴かせます。

NSBのジブリメドレー第2弾。
小編成でも演奏できるように編曲されています。
■収載曲:五月の村~さんぽ~あの日の川~旅立ち
第1弾のアニメメドレーと同じ森田一浩の編曲です。

ロケットミュージックのCD『究極の吹奏楽〜ジブリ編』に収録されている曲。
「宝島」の編曲などでもおなじみの真島俊夫編曲によるジブリメドレー。
サントラの響きも大切にしながらとてもシンフォニックなサウンドです。

鳥の人(風の谷のナウシカ)/海の見える街(魔女の宅急便)/あの夏へ(千と千尋の神隠)/ナウシカ・レクイエム(風の谷のナウシカ)/君をのせて(天空の城ラピュタ)/アシタカせっ記(もののけ姫)

ジブリ映画の特徴として「空を飛ぶ」シーンがよく出てきます。そのジブリ映画の中から空を題材にした音楽をメドレーにしたものです。以下の6曲で構成されます。
三浦秀秋によるアレンジでどこまでも広がる青空のような美しく素敵な曲です。

ハトと少年(天空の城ラピュタ)、ふたたび(千と千尋の神隠し)、旅路(風立ちぬ)、時代の風(紅の豚)、月夜の飛行(となりのトトロ)、鳥の人(風の谷のナウシカ)

ジブリ映画は、人間と文明と自然との共存について描いたものが多く、「森」のシーンもたくさん映画に出てきます。このメドレーは「森」をテーマにした以下の曲のメドレーです。
映画の中で印象的に使われる森のシーンが思い浮かぶようなすてきな星出尚志の名アレンジです。

あの夏へ(千と千尋の神隠し)、Arrietty’s Song(借りぐらしのアリエッティ)、ねこバス(となりのトトロ)、テルーの唄(ゲド戦記)、アシタカせっ記(もののけ姫)

ロケットミュージックから出版されているフレックス編成でのジブリメドレーです。
最低5人(+打楽器1人)からの演奏が可能で、大編成の吹奏楽でも大丈夫です。
グレードも2.5と易しく編曲されていて、人数が少なくてもジブリ音楽を楽しめるアレンジです。
三浦秀秋のアレンジです。

【収録曲】
さんぽ、いつも何度でも、君をのせて

M8から出ているジブリメドレーです。
ジブリで検索しても出てこないので最近では見つけにくいかもしれませんね。
難易度も低くやりやすい楽譜です。
さんぽ/となりのトトロ/風の谷のナウシカ/君をのせて/もののけ姫

M8から出ている小編成用の楽譜です。
山下国俊の安心のアレンジです。
「風の谷のナウシカ」より「遠い日々」、「となりのトトロ」より「となりのトトロ」、「天空の城ラピュタ」より「君をのせて」、そして「風の谷のナウシカ」より「はるかな地へ」の4曲が、易しい演奏技術で楽しめるように編曲されている。

M8から出ている新しい方のジブリメドレーです。
ナウシカから風立ちぬまでなんと12曲も詰め込んだメドレーです!
山里佐和子の編曲です。

1 2