1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

ひじきの効果効能についてまとめてみました。

naka_tomoさん

ひじきの効果効能について

日本の食卓によく並んでいるひじき。

親とか叔母に「ひじきは栄養が高いからたくさん食べなさい」と言われたことはありませんか?
実は本当にひじきは栄養かがた高い食材の1つなんです。
ここのページではひじきの効果効能について紐解いていきますので、ぜひチェックしてください。

1.カルシウムが牛の倍

栄養豊富なひじきですが、まず特筆すべき栄養素はカルシウムです。ひじきに含まれているカルシウムの量は牛乳の12倍といわれています。これは海藻の中でも群を抜いた含有量です。

カルシウムはミネラルに分類される栄養で、マグネシウムとともに丈夫な歯や骨をつくり、骨粗鬆症の予防や、イライラを沈める作用があります。

ちなみに、カルシウムの吸収率を上げるには、大豆製品やかんきつ類、酢などと一緒に調理するのがおすすめです。

ひじきも積極的に摂取していた方がいいかもしれませんね。

2.食物繊維がたっぷり

ひじきにはカルシウムのほかに食物繊維がたっぷり含まれているんです。

3.貧血や冷え性に効果的

ひじきには鉄分も豊富に含まれてるんです。

鉄分はミネラルに分類される栄養で、貧血や冷え症を予防する効能があります。

ただし、鉄分は単体では吸収されない栄養素。タンパク質やビタミンCと一緒に摂ることで吸収率が高まります。

大豆や豆腐、肉、魚、野菜などと一緒に食べると効能アップです。

ひじきが黒いのは、干して水分をとばすことで、ヒジキに含まれる「タンニン」と呼ばれる成分が空気中で酸化され、 褐色から黒色へと変化するためです。
 「タンニン」は紅茶やワイン、柿の渋みなどと同じ成分の“ポリフェノール”の一種。体内の中性脂肪を分解する酵素の働きを手助けします。 また、脂肪分が胃や腸から吸収される前に吸着して体外に排泄するので、脂肪が吸収されにくい作用があるといわれています。
 ちなみにひじき(海藻類)のタンニンは、フロログルシノールという物質から作られるフロロタンニン(別名、海藻タンニン)と呼ばれ、 強い還元作用(酸化抵抗作用)を持っています。紫外線から肌を守る働きがある

ひじきを食べるだけでこんなにたくさんの効果が得られるんだったら
これから積極的に食べた方がいいのかもしれませんね。

ひじきを使ったアレンジ料理

ひじきがどんなに健康に良いからとは言え、毎日摂取するのは無理だと思います。
ここではひじきのアレンジ料理を紹介していきます。

たまごやき(?)

※写真はイメージです

材料

・たまご(3個)
・ひじき煮物(適量)
・粉末だし(小さじ1杯)
・砂糖(大さじ1杯)

作り方

1.まずはあわせ出しを作ります。小さい器かボールに粉末だし、砂糖を入れ50ミリほどのお湯で溶かしておきます
2.よく溶いたたまごの中にあわせだし、残り物のひじき煮物を混ぜます
3.出し巻きたまごの要領で玉子焼きを作ります

簡単にできますし、弁当にも持って行けそうですね!

ひじきの炊き込みご飯

1 2