1. まとめトップ

2食ダイエットの方針 美容や健康法としても注意のその影響とは?

1食の量はデフォルトに、1日2食にするだけで1食分のカロリーを取らないダイエットが注意されています。正しい手順で1日2食ダイエットを継続すれば、美容や健康にもよいとされています。

更新日: 2018年02月14日

0 お気に入り 5084 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

影響や反対に太る悪い面など突き詰めてお伝えしていきます。

ranmarukingさん

1日2食ダイエットの影響は?

1日3食食べているところ、1食抜けばその分のカロリーを摂取せずに済む。

この腹積もりで現在トピックの1日2食ダイエットですが、正しいメソッドで理不尽なく出来てる方にとってはかなり高い影響が出ているようです。

朝・昼・夜いずれかの一食を抜く場合には、適度のストレスを決心しなければなりませんが正しい手順であれば美容や健康にもよいとされています。

そんな訳で、食べない事で反対に太る短所もあわせて1日2食ダイエットの詳しい方針をお伝えしていきます。

1日2食ダイエットの影響が出る手法と、その方法を継続可能な方は多くの成果を獲得できるでしょう。

食べる事への執着が捨てきれない方は、精神的な負担が大きいのでイチ押し可能なダイエット手段ではないのですが、体の調子を整える影響もあります。

1日2食でダイエット影響を得るための手順

1日2食ダイエットは、いつも食べている量をデフォルト維持して1食だけを抜く事を継続させるだけなので、食品別のカロリーや食べるものを選り抜くといった手間がないため、楽々さがあります。

後ほど、朝・昼・夜どこで1食抜くと成果的であるか、しかも各々の時帯で抜いたときの悪い面もあわせてお伝えしていきます。

運動をする事が弱点だったり、まとまった時を完成させる事ができない事例、1日2食ダイエットは各々の暮らしコーデにマッチして余裕に行えるダイエット手法でもあります。

食べない事で太る要因についても後ほど突き詰めてお伝えしていきます。

食べない事で悪い面もある1日2食ダイエット

1日2食ダイエットは、3食充分に食べていた暮らしコーデからもちろん1食抜く事になると、空腹時を耐えなければならないという悪いところがあります。

その空腹時を紛らわせるため間食してしまったり、抜いた後の1食がいつもより多めであれば1日2食ダイエットの成果は得られず更に太る伝えている方もいます。

この事から、食べない事で起こる悪い面が精神的なものに多くある事がお理解いただけ頂けるかと考えます。

特に周囲で食事をしている人がいる環境、食べ物の臭いなど、とにもかくにも空腹を感じやすい時帯の食事抜きはストレスに繋がる事が多くあります。

それにより食事を抜く機会をあらかじめ考慮しておく不可欠があります。

朝食抜きで1日2食ダイエットするなら

朝食には、脳への負担を押さえたり、体を動かす為のエネルギーを多く採りいれた方がよいと言われています。

糖質不足は脳の働きを悪くするといった見方から、朝に甘い物を摂取する方もいるようですが反対にインスリンの分泌が急激に増加し、余分な糖分を脂肪に変更してしまいます。

この事から、朝食を食べない1日2食ダイエットを行っている人もいます。

大抵体を動かさない業務であったり専業主婦の事例であっても問題なく可能なのではないでしょうか。

食事中身を見直す事で1日2食ダイエットの成果UP

1食を抜くに当たり、そのときに起こる短所を考慮して1日2食ダイエットの食事中身を見直す事で、更にダイエット成果がUPします。

元々いつもの食事がバランスのとれたものであるか?夜は高カロリー、朝は低カロリーと偏りがあったり、概要のバランスがとれていない食生活を送っている方も多くいます。

1日2食しか取らない上に、その食事のバランスが偏っていると反対に太ってしまったり健康を害してしまう事も腹積もりられます。

炭水化物やアルコールをできるだけ減らし、高たんぱく質や野菜を多く取る事で腹もちもよく、ダイエットによるストレスを低減させる事も可能でしょう。

わりと手軽に可能なのは昼食べない1日2食ダイエット

デスクワークや主婦の方であれば、他の人が食べているロケーションや臭いといったストレスを感じさせない環境にいる方にとっては、昼食べない1日2食ダイエットはわりと手っ取り早くに開始出来るのではないでしょうか。

朝食には、野菜やたんぱく質、糖質の順でちゃんと食べておき、昼は水分補給を充分に行います。

夜ごはんまでの間食をせずに、空腹を持ちこたえるだけで済みます。

1日2食ダイエットを行っても太るきっかけは、この間食を我慢できない事、1食抜いた後の食事が多すぎたり高カロリーな物、アルコールをいろいろ取ってしまう事にあります。

特に、体が脂肪を蓄えておかねばならないと決断してしまうステータス(酷い空腹)を避けるのに、昼食だけを抜くテクニックがリバウンドを抑制する影響があります。

特に、消化の為にいつも動いている消化器官を休ませ、健康的なダイエットが可能な時帯でもあると言えます。

昼食を抜く1日2食ダイエットの短所

1日2食ダイエットで起こる悪い面でもお伝えしていますが、間食や抜いた次の食事の食べ過ぎはダイエット影響が得られません。

食べないのに太る、1食抜く事がとにもかくにもストレスであるといった方は、反対に健康を害してしまう見込みがあります。

食べる事への執着が取れぬままうっかり間食や多めの食事をとってしまう事の繰り返しは、精神的にもよい事とは言えません。

それ故、1日2食ダイエットが開始出来られるよう、徐々に1食の量を減らしていくなどして下拵え期間を設けてもいいでしょう。

1日2食ダイエットは夜抜きが悪いところ少なめ?

脂肪を特に吸収しやすい時帯が、夜の22時以降と言われています。

その為、16時頃までには軽い食事だけで済ませ徐々に夜は食べない暮らしコーデに移行するとやりやすさもあるでしょう。

しかも、空腹を感じてしまう前に早寝しても健康的な暮らしを送るきっかけになります。

業務終わりに付き合いなどがなく、一人外食している方であれば1日2食ダイエットを着手する良い機会になるでしょう。

健康影響も高い!夜ご飯抜きダイエットの悪い面対策は?

先にもお伝えした通り、夜食べない事で起こる短所は、余りの空腹から脂肪を体に蓄えてしまおうとする体の仕組みです。

朝・昼に食事を抜くより夜抜くダイエットでは、この仕組みが発動しやすいと言われています。

さらに、18時までに夜ごはんを済ませ朝か昼を抜く1日2食ダイエットとなると、わりと時の都合が付けにくい方が多々あるのではないでしょうか。

とはいっても、業務が慌しい方ほど、昼食べるのが遅くなってしまう事例も多くあり、そのような時には夜食事を抜いてしまうのも手ですね。

暮らしコーデに合った1日2食で健康的なダイエットに試してみよう!

採り上げるのは、そと尾で働く方、家事子育ての主婦、年配の方でも暮らしコーデに合った1日2食ダイエットが可能なよう、朝・昼・夜各々の良い面と悪い面をお伝えしてきました。

中にはどの時帯でも若干困難な、3食食べられないのはきついと感じておられる方でも、のんびりに開始出来られる支度段階についても触れています。

1日2食ダイエットで太るきっかけを充分に理解していれば、他の制限ダイエットよりもはじめやすいと感じていただけたのではないでしょうか。

これで太る不安をせずに、1日2食ダイエットで健康的なダイエットにトライする事ができますね。

1食抜く事も厄介な方は、最初に1食の量を減らすだけでも大きな移り変わりを得られます。

どうぞ試してみてください。

1