1. まとめトップ
2 お気に入り 59 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

育児奮闘中に実際の反射をチェックしてまとめた内容です!

gojalさん

◆ ギャラント反射ってなに?

ガラント反射・側彎反射・背反射とも呼ばれる反射の事です。ギャラント反射ともギャラン反射とも呼びます。すべて同じものになります。

ギャラン反射(背反反射)とは、腹臥位に抱いた状態で脊柱に沿ってこすると体幹を同側に傾ける。腹臥位の持ち上げた状態で乳幼児の脊柱の外側をゆっくり上から下へこすると、その同側の脊柱筋が収縮し反対側に凸の側弯を示す反射をいいます。

ギャラント反射(背反反射)は、在胎24週ころに出現し、正常児であれば生後2~5か月過ぎに消失します。

◆ ギャラント反射は何をみるものなの?

ギャラン反射(背反反射)は、脊髄に欠損ががないことを調べる検査で左右差は片麻痺が疑われます。

6か月以上残る場合は、脳性麻痺や発達障害が疑われます。

◆ ギャラント反射のような原始反射ってなに?

原始反射とは、赤ちゃんが胎外の環境に適応して生きていくために必要な機能です。

反射とは、感覚器から得たある刺激に対してある反応を示すことで、脊髄と脳幹が中枢の役割を果たしています。

原始反射は、健常な赤ちゃんの場合、お母さんの胎内にいる頃に出現して、生まれたての頃から機能し、中脳や大脳皮質など高次の脳が成熟するにつれて消失していきます。

◆ 関連リンク

1