1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

car-auctionさん

愛車を手放そうかなと思っているアナタ。その売却方法は色々あります。

・次の車を買う為に、ディーラーや中古車販売店に下取りに出す
・中古車買取、査定業者に1件1件連絡して持ち込み査定
・中古車買取、査定業者に1件1件連絡して見に来てもらっての実車査定
・ネットでの一括査定サイトに登録して、複数の中古車買取、査定業者に来てもらっての実車査定

そんな中でも手間が省けるのが、一括査定に出すという方法。
1件1件自分で中古車買取、査定業者に連絡する手間が省けて楽チン!だと思いますが・・・

実際、迷惑電話によるトラブルが発生することも珍しくない方法でもあります。
車買取業界自体が、そこそこのクレーム産業であることは明確で、トラブルにはなりやすい
とはいえ、一括査定の場合は特に迷惑電話によるトラブルになることが多いものです。
では、実際にどのような営業の迷惑電話によるトラブルがあったかをご紹介します。

そうなんです。上のツイートされた方が言ってる通り、査定会社からはまずは問い合わせ時に電話ラッシュ、査定後も各社から電話ラッシュが発生するのです。昼夜問わず、平日・土日祝問わず、いつでも向こうの都合で電話をかけまくってくることに対する迷惑電話によるトラブルが後を絶たないのが現状です。


一部の書き込み情報として、

『メールのみにチェックを入れるとかかってこないですよ』

なーんて書いてありますが、そもそも査定会社のホームページから問い合わせするときに、電話番号入力は必須のところがほとんどなんです!
もちろん一括査定サイトも同じです。実際に、リクルートさんやエイチームさんが運営している一括査定サイトも電話番号を入力しないとそもそもちゃんと送信すらできない仕掛けになっている
ではありませんか!迷惑電話が掛かってくる仕組みは避けられないのか。。。
どの業者も車一台を仕入れるのに、戦々恐々としているのがこの業界。問い合わせがあったら、まずは電話で!というのが普通の流れで、もちろん本当に問い合わせしてきた人がその人かや、売却の意思があるのか否か、あってもどれくらいその意思があるのか?を見極めたいところではありますからね。

【最大30社に一括査定申し込み!】

ということは、最大30社から鬼電で迷惑電話が架かってきますけど頑張ってね!と言われているのとほぼ同じようにしか聞こえないのは自分だけ?

また、そういった迷惑電話によるトラブルが発生したとしても、元の一括査定に入力をしたホームページを運営している会社には何の責任もありません。査定会社から査定する人を集めて来てね。その人数に応じて報酬上げるからぁ!という仕組みなので、もちろん一括査定サイト側にとってトラブルは業者とユーザーの間で解決してよって話なんですね。トラブルからくる、やり場のない怒り・いらだちをぶつける矛先がないのでまさに一括査定からの迷惑電話によるトラブルは自己責任となります。


そこで、そんな迷惑電話によるトラブルを解消する新たな方法として産まれたのが(その為だけに産まれたわけではないですが・・・)車をオークションに掛けるという方法です!通常、カーオークションといえば、業者間でのお話でした。査定で買い取った車を広いオークション会場に持ちこんで、販売業者が入札して落札するというもので、一般のユーザーは足を踏み入れることすらできない領域でした。それは、カーオークション会場自体が業者向けに開かれている窓口なので、もちろん一般のユーザーはNGでした。

ですが、昨今ネット上だけで自社のオークション会場をこしらえて、買取・査定の元は一般ユーザー、落札は業者という流れを作ってしまった会社がチラホラあるんです。
オークションに出すのは、もちろんその会社を通してなので、電話があるとしたらそのオークションを運営しているところのみとなります。落札する業者側は、アナタ一般ユーザーの個人情報は一切明かさないので、入札業者が電話することすらできないようになっているというすぐれものなんです!
更に、通常の査定会社を通した時よりも、間に余計なクッションをはさまないですし、入札はセリ上がりなので、最終査定額=落札額もおのずと普通の査定会社よりもアップするという、一石二鳥な感じに仕上がっているとのこと。車の売却を検討されていて、余計な迷惑電話によるトラブルに巻き込まれたくないって人は、一度覗いてみるのもありなのでは?と思います。

1