1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

『女子がハマる』自転車漫画おすすめ5選!

今、注目されている自転車漫画のご紹介です!

更新日: 2018年02月15日

15 お気に入り 5957 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

friekingbadさん

自転車マンガがアツイ!

今、女性にこそ読んでもらいたい自転車漫画。読めば乗りたくなること間違いなしな、人気漫画を5作品紹介します!

弱虫ペダル

いまもっとも熱い自転車マンガといえば、この「弱虫ペダル」。自転車競技に燃える男子たちに感化されて始める女子も多いとか。

千葉県立総北高等学校の新入生、本作品の主人公である小野田坂道は、アニメやゲームや秋葉原を愛するオタクである。中学時代にオタク友達ができなかった彼は高校でアニメ・漫画研究部に入ろうとするが、部員数減少のため活動休止中であると知り意気消沈する。

一方、同じく新入生で、中学時代に自転車競技で活躍していた今泉俊輔はトレーニング中、学校の裏にある斜度20パーセントを超える激坂をママチャリで、しかも歌いながら登坂する坂道を目撃する……。

とにかく主人公が、「オタク、友達いない、ロードバイク経験0、運動音痴」という 坂道くん。でもママチャリで小学校から秋葉まで往復90kmかけて毎日いくことにより、自然と鍛えられた足に持っているセンスで才能を開花するのだけど、まぁ本人はとにかく不器用。ものすごい不器用・・でも、主将や仲間からのオーダーは必ず何が何でも守る気持ちの強さは、最強高校の箱学さえ圧倒しちゃうんだから。

そんな前を見て進む坂道くんは、本の中でもチームメイトを知らぬ間に勇気付けたりするのだけど、読んでいる私も勇気を元気をもらえるんだよね

何よりも、レースを彩る選手たちのはちゃめちゃな魅力が、最高です。とある弱ペダ廃人のお姉さんが「ジャンプ漫画のおもてなしに慣れていた我々の心には、弱ペダの荒削りさがかえって新鮮」と言っていましたが、まったくその通りです。

ともと別に女子の目をさほど想定せずに描かれており、また、レースの迫力の描写がすさまじいのもあって、そんなに地顔がイケメンなキャラもいないし、レース中の顔はなおさらです。そりゃ極限で戦ってるので当然です。でもそれがかえってかっこよく、美しく見えてくる不思議さ。

私もおすすめコスメ紹介する! ・弱虫ペダル…後にも先にもこんなに泣き続ける漫画は無いと思う。デトックス効果がすごい。そして人が死なない。 ・モブサイコ100…美しき師弟愛。ギャグ漫画と思いきや深すぎる話もあり、登場人物たちの成長を見守る母になり母性を培える。

弱ペダおもしろいなぁ 御堂筋くんは何者なの...速すぎでしょ...キモ...

東京自転車少女

自転車で東京をめぐる部活を舞台にした、自転車乗りの女の子たちの話。自転車の魅力だけでなく、東京再発見もできる!

“作品の舞台となる私立豊珠高校は「一つのものをとことん極めよ」という趣旨の校訓のもと部活の設立に尋常でなく寛容な学校であり、全国津々浦々から個性豊かな生徒が集まってくる。作中では「レンタル彼女部」や「のら猫ストーキング部」、「森羅万象ペインティング部」など実に多種多様な部が存在している。

新入生で寮のルームメイト同士であるいるかと加藤さんは、"東京をポタリングするだけの、いるか曰く漫画みたいな都合いい部"である自転車天使部に所属する。主に練馬区内を中心に商店や建築物、公園、史跡等を自転車で巡る。

「自転車を趣味にする」と言えばロードレーサーとかブルベ(長距離サイクリング)を連想してしまいますが、もっと身近で、もっと簡単にまったりのんびり散歩をするという楽しみ方もあり、「東京自転車少女。」はその魅力がものすごく伝わってくる作品です。

ちなみにポタリングとは、自転車やオートバイなどに乗って、街をぶらつくことを意味します。自転車で散歩をするという意味にも使われています。

時折自転車への並々ならぬ愛やひとりごと、うんちくも交えてて、物語なのにこんなに読者と作者の距離が近いマンガもめずらしいと思いました。

東京自転車少女のがおもしろいと思うの私だけやろか。 自転車+下町+変な部活+ビッチという 意味不明な作品やで。 pic.twitter.com/projKcr4FB

わだぺん。『東京自転車少女』6巻読了。練馬の掘り下げ方が毎巻すごいが、今回の石神井の照姫伝説の伝説のさらに元ネタまで掘り下げたやり方には恐れ入る。おもしろい。

ツール!

ツールドフランスで優勝を目指す主人公の、本格的な自転車マンガです。

強い海風が吹きすさぶ港町に住む日出島ヒイロは、サイクルロードレース全日本チャンピオンを父に持つ1歳少年。誕生日プレゼントに憧れのロードバイクをプレゼントされたヒイロは、自転車選手とって最大の敵と言っても過言ではい“風”を読むことに関して、非凡な才能を見せる。

そんなヒイロの“読み”を目の当たりにしたヒイロの父親・勝は、ヒイロをロードレースの本場・ヨーロッパで走らせてみたいと思い……サイクルロードレースの最高峰、ツール・ド・フランス総合優勝という大きな夢を目指す、超本格ロードレースストーリー、ここにグランデパール!!

風を読めるというのが最大のポイント。サイクルロードレースにおいてかなり重要な役割を占めるのが「風に対する空気抵抗をどうやっておさえるか」ということ。

最近のチャリンコ漫画でちゃんとまともにロードレースしている漫画っていうレビューを見て読んでみたんですが何これ本当凄い!監修がプロのレーサーさんらしく、そりゃぁこんだけ中身濃ゆくなるなと納得しましたね。

1 2