1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

才能ですね。

TER8さん

1992年生まれ 25歳
175cm
69kg

マネが自ら持ち上がり、ミドルシュートを決め、ハットトリック達成。 クロップとブバチもこの笑顔。 5-0 pic.twitter.com/xSRmTAbVHC

POR-LIV 0-5 マネハットトリック⚽⚽⚽ もうウハウハ〜〜〜♪ Fight! Reds!!!! pic.twitter.com/ifdaiOEjO2

アウェーゴール5つとって、マネがハットトリックしたのは最高だったね

リヴァプールのクロップ監督、5得点圧勝に満足感「パーフェクト」(SOCCER KING) - Yahoo!ニュース headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180215-… @YahooNewsTopics マネがハットトリック! 5点だけ… twitter.com/i/web/status/9…

とりあえず2試合見たのでTwitterに戻ってきた。大量得点に無失点!!マネがハットトリック!!最高だね!

貧乏から出発

15歳のとき、マネは北に約800キロ離れたダカールへ行き、そこでも彼は見た者を感嘆させた。自身の進む道を自ら切り開いていったマネは、世界ベスト50名のサッカー選手を表彰する2016年の『Goal50 Presented by DAZN』の39位にランクインしたことについて、独占インタビューに応えてくれた。
「おじさんと一緒に故郷を出て、セネガルの首都であるダカールに向かった。ダカールでは多くのトライアルが開催されているんだ」
「僕はそうしたトライアルを受けに行ったんだ。たくさんの少年がテストされ、チームに振り分けられていった。1つだけ絶対に忘れない出来事があるよ。今となっては笑えるエピソードだけど、僕がトライアルを受けに行ったとき、年上のある男の人に『場違いなところに来たな』というような感じで見られたんだ。」

同じチームメイトだった吉田選手も、、、

「その人は、僕に、『テストを受けにきたのか?』と聞いた。僕はそうだと答えた。僕の靴を見て、『その靴はなんだ?』と聞いた。『そんな靴でプレーするのか?』って。僕の靴はボロボロだった。古くて、すり切れていた。それから『それにその短パンは何だ?』とも聞かれた。『ちゃんとしたサッカー用のショーツをもっていないのか』って」
「僕は、『一番いいウェアを着てきたんだ』と言った。僕はただ、サッカーをしたかった。自分のプレーを見せたかった。僕がピッチに立つと、その人は明らかに驚いていたよ。」
「その人は僕のところに来て、『きみをすぐに連れていく。私のチームでプレーさせる』と言った。いくつかトライアルを受けたあと、僕はアカデミーに行ったんだ」

「セネガル人選手って、ほかのアフリカの選手と比べても、真面目なんです。サディオも、めちゃめちゃ真面目。お酒も飲みませんし、よくジムで一緒にトレーニングしていました。

 僕と、サディオと、デュサン・タディッチ。ジムにいるメンバーは大体この3人でしたから、一緒にトレーニングしていましたし、よく話していました。

 サディオはチェルシー戦で2ゴールを決めた翌日にも、自主的に筋トレをやっていた。そんなアフリカ人選手、ほかにいませんよ」

1