1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

ツイッタートレンドをまとめています。

AsadaIchiroさん

fluentd,v1.0だとplugin書くの大分ラクになりそうでよい。昔output plugin書いた時は実装すべきメソッド多くて大変だった記憶 #tdtech

Buffer APIは高機能になったから、pollベースのforwardがあってもいいんじゃないかと常日頃思っている #tdtech

kafka-connect-fluentd。Kafka connect側がMessagePackをサポートしてくれると、データ変換がいらなくなってGC負荷も軽くなるんだけども。 #tdtech

2/15のPLAZMA OSS Day: TD Tech Talk 2018で登壇します。 データ分析基盤運用してきて行った様々なETL処理パターンを紹介します。 まだ空きがあるようなので、是非ご参加ください techplay.jp/event/650389 #tdtech

td-agent 3は去年の12月から安定版。Fluentd v1ベース。早く使い給え。 #tdtech

あわせて読みたい。 "v1.0がリリースされたログ収集のFluentdが目指す「黒子のような存在」とは?" thinkit.co.jp/article/13321 #tdtech

まずはfluentdのお話 ・v0.12はまだまだ現役。ただ秒までしか対応してない、デッドロックの不具合、複雑な処理をプラグインで頑張る必要などからVUPをおすすめ ・v0.14はv1.0に向けたバージョンでnanosec対応とか… twitter.com/i/web/status/9…

Kubernetesしか使わない人にFluentdを説明するのが課題と。確かに手が足りてない部分かなぁ。ドキュメントはEmbulkもそうだけども #tdtech

Clear Codeさん、groongaとか全文検索プロダクトのイメージでしたが、fluentdプラグインへのPR 1400 Overとものすごい貢献されてて凄い。 特にelasticsearchプラグインには大変お世話になってます。 #tdtech

fluentd、肌感としては 10k event/sec ぐらいになると1コア厳しいから半分ぐらいを目処にプロセス分けてるけど、今なら multi process 使えば伸びるかな #tdtech

1