1. まとめトップ

【気になるニキビの疑問】ニキビが出来ない人と出来る人の違いってなんだろう?

ニキビで悩んでいる女性もいることでしょう。ここでは、ニキビが出来ない人と出来る人の違いをご紹介します。また、ニキビの改善方法もご紹介しますので、参考にしてください。

更新日: 2018年03月27日

3 お気に入り 9220 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ニキビに関連するネット記事を参考にしました。

ukoxeedmさん

ニキビが出来にくい人とは

ニキビが出来ない人は、日ごろからニキビを出来にくくするために生活習慣やスキンケアなどに注意を払っています。
そのため、ニキビが出来にくいだけでなくニキビが出来た場合でも治りも早いのです。

ニキビが出来ない人は、ニキビが出来にくい生活習慣や洗顔方法を知らず知らずのうちに実践していると考えられます。

自分でも気づいていない、ちょっとしたことが、ニキビの原因になっていることも。ニキビは肌表面だけで起きているのではないことを知ることが美肌ケアの第一歩。

ニキビを予防するために必要なこと

栄養バランスが乱れは肌トラブルの原因です。当然、ニキビを招くことにもなります。普段から、脂っこい食べ物やインスタント食品を食べている方は気を付けてください。

脂肪分や糖分は皮脂の栄養となりやすく、過剰にとると皮脂の分泌も増加。皮脂が毛穴に溜まり、ニキビにつながるというわけです。

ビタミンCやビタミンAといったビタミン類は、体内から酸化させる活性酸素に対抗したり、肌を健康的に維持したりするためにも必要な栄養素です。

野菜など肌に良い食べ物を摂る

睡眠は体や肌の修復に必要です。
睡眠不足だと、修復がうまくいかずにターンオーバーにも影響し、ニキビにつながっていまします。

皮膚は眠っている間にダメージを修復して、新しい皮膚をつくっています。寝不足が続くと、修復がうまくいかずにターンオーバーにも影響。古い角質が残ったままになり、毛穴の詰まりとニキビの原因になります。

22時〜2時の間にはできるだけベッドの中へ。早寝早起き、規則正しい睡眠がニキビに悩まない肌へのカギと言えます。

キビが出来やすかったり肌トラブルが多かったりする人は、肌のターンオーバーが乱れがち。肌のターンオーバーを整えるためには規則正しく睡眠をとるようにしたり、ストレスをためこみにくい生活を送ることが大切です。

ニキビを予防する上で重要なスキンケア。特に皮脂汚れや皮脂の分泌量には注意しましょう!
皮脂汚れによって毛穴がつまり、ニキビが出来たりしますし、皮脂の分泌が盛んなTゾーンはニキビが出来やすい部分だといえます。

洗顔の際は、たっぷりの泡で擦らずに優しく泡で撫でるように洗顔してください。また、ニキビは患部に雑菌が触れることで炎症が大きく広がり、化膿しやすくなります。ニキビができた箇所は清潔に保ち、不必要に触ったり潰さないようにすることが大事です。

ニキビができにくい肌にしていくためには、普段の生活やケアだけではなく化粧品選びも重要になってきます。普段使っている化粧品が原因でニキビができてしまっている可能性があるということも考慮して、化粧品をきちんと選んでいきましょう。

外的な要因にも注意!!

年中降り注いでいる紫外線、これから春にかけての花粉なども外的な要因もニキビの原因です。

皮脂は紫外線を浴びることでコメド(面皰)になりやすく、毛穴が詰まりやすい状態に。重ねてアクネ菌が分泌するボルフィリンに紫外線が当たると大量の活性酸素が発生。ニキビをさらに炎症させていきます。

肌の大敵・紫外線は、ニキビにも大きなダメージに。

からだの一番外側で、紫外線やさまざまな刺激からからだを守っている肌。花粉や大気汚染などの刺激を受けやすく、トラブルを感じやすいと言えます。

気候の変化と花粉が影響

ニキビがなかなか治らないという方は...

ニキビがなかなか治らない、治ったと思ったら同じ場所にできてしまうという方は、根本的な改善が必要です。セルフケアで改善しようとせず、エステなどの美容の専門家にアドバイスをもらうにしましょう。

ニキビの状態に合わせて専用マシンで最適なケアをご提案しています。また毎回施行前にお肌をチェックして、その時のお肌の状態に合わせたケアを行うことも可能です。

ニキビの状態に合わせてケア

参考にしたサイト

1