1. まとめトップ

何事にも後ろ向きな考え方…こじらせ女子の特徴

理想や夢は高いのに、自信がなくネガティブなせいか、その言動があやふやで面倒なこじらせ女子。自己肯定感が低いため、考えや行動がマイナスに動くことが多いわけですが、それだけ勘違いもされやすいわけです。ただ逆に言えば、控え目なわけですからそれは良いのですが、総合的に見ると損することが多いようです。

更新日: 2018年02月16日

1 お気に入り 2445 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

egawomsieteさん

■こじらせ女子とは

「自分に自信がない」女性のことです。具体的に言うと、男性から興味を持ってもらったり、ほめられたりしても興味がないふりをしたり、女性らしいファッションや立ち振る舞いに対して嫌悪感を抱いてしまう人がこじらせ女子にあてはまります。

ちなみにこじらせ女子の口癖は「どうせ私なんか……」。このように言って、何事も始める前から諦めてしまったり、他人に対してつんつんした攻撃的な態度をとってしまうことがあるなら、あなたも実はこじらせ女子かもしれません。

■こじらせ女子の特徴

「どうせ私なんか」といじけてしまうこじらせ女子ですが、誰も生まれながらにこじれていたわけではありません。恋愛に失敗したとか、笑われたなどの「心の傷」が自信を失わせてしまうのです。

・自分に自信がない

何事にも後ろ向きな考え方でのぞんでしまいます。

これを違う言葉で表すならば、自己肯定感が低い。この自己肯定感とは普通、成長していく段階で自然と育っていくものですが、家庭環境が悪かったり、いじめなど過去の友人関係でトラブルを経験すると自分に自信がなくなる、つまり、自己肯定感が低くなってしまうのです。

また、容姿や性格を否定されたりするような経験も自己肯定感を低くすると言えるでしょう。

・甘えるのが下手

こじらせ女子は普通「ありがとう」と言うところもマイナスな「すいません」で応えます。男性に何かプレゼントをもらったり、食事をごちそうしてもらっても自分にはそのものに値するだけの価値がないと思っているので、「ありがとう」じゃなく、「すいません」と返事してしまいます。

結果として、お互いにあまりいい気持ちにはなれず、すこし暗い雰囲気を作ってしまいがち。これも①の自己肯定感が低いことが原因と言えるでしょう。

・相手に悪い気がして、うまく甘えられない

こじらせ女子は自分は親切にされる価値がないと思っているので、何かしてもらっても「すいません」と謝ってしまったり、「いえいえ、自分でできますから」と妙に強がってしまったり、ひいては「親切にしてくれるのは何か下心があるからに違いない」などと、相手を疑ってしまったりします。

・男性の前で男っぽくなったり、道化を演じてしまう

こじらせ女子は男性の前で可愛さを演出することが苦手です。媚びて拒絶されるのを恐れるばかりに、好意を抱いた男性に対しても必要以上に男っぽく振る舞ったり、あるいは自分を道化にして笑いを取ろうとしたりします。

・リア充な人々が苦手

目標に向かって努力をしている人やキラキラした雰囲気を持っている人に極端に苦手意識を示すのがこじらせ女子の特徴の1つ。そのような人々をみると自分を否定され、敗北感を感じてしまうことが理由のようです。

自分はどう頑張ってもキラキラした人間にはなれないと思い込んでいるのでそのような人たちを目指すのではなく、極力関わらないようにしてしまうのかもしれません。

・相手が褒めてくれても、卑屈に受け止めてしまう

せっかくあなたに好意を持った男性が「可愛いね」、「素敵だね」と褒めてくれても、マイナス思考のこじらせ女子は「きっとお世辞で言っているんだわ」と穿って受け止めてしまいます。

そのため「ありがとう」と上手く言えず、「いいえ、そんなことありません」、「またまた、○○さんたら。褒めても何も出ませんよ」などと卑屈に返しがち。本人は謙遜のつもりかもしれませんが、知らず知らず相手の言葉を否定する結果になっていることを忘れずに。

・自立心が旺盛で、一人時間を満喫するのが上手い

こじらせ女子は「誰かに頼るのは嫌」と思っているので、とても自立心が旺盛。男性に頼めばいい力仕事も自分でしようとしたり、男性と二人きりの食事でもきっちり割り勘にしようとしたりします。

また、恋人のいない期間が長いので、一人でいる時間をうまく楽しむのが上手です。一人映画や一人焼肉、一人カラオケは当たり前。一人旅行や一人テーマパークにも抵抗がありません。

・恋愛は受け身どころか、一歩引く姿勢

自分は異性にモテないと思っているこじらせ女子は、恋愛に対して基本的に受け身姿勢。拒絶されるのが怖いので、告白などは滅多にしませんし、それとなく好意を示すようなアプローチも苦手です。

それどころか、せっかく相手が告白してくれても、恋人関係になるのが怖かったり、恋愛関係を持続させる自信がなくて自ら断ったりもします。そのくせ、白馬の王子様が現われるのを待っている一面も。

・好きになる男性がなぜかいつもダメ男

こじらせ女子は、実はダメ男の格好のターゲット。自己評価が低いために、性格も容姿もいいイケメンが自分を好きになってくれるとは思えず、無意識にダメ男を選んでしまいがちになります。

しかし、付き合う過程で無理をしてしまうため、最終的には上手くいかないことがほとんど。そしてまた別のダメ男に引っかかってしまうという、悪循環に陥ってしまいます。

・行動力が皆無

1 2