1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

五輪に負けない熱さ…人気漫画家が描いたウィンタースポーツ漫画!

オリンピックで感動した人にオススメ…知られざるウィンタースポーツ漫画たち!「七つの大罪」鈴木央先生,「君は淫らな僕の女王」岡本倫先生,そして「ホイッスル!」樋口大輔先生も実はあのスポーツを題材に漫画を描いていたんです!再評価されてほしい作品たちについてまとめてみました。

更新日: 2018年02月17日

12 お気に入り 13576 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

あの漫画家さんが??ってなる知られざる名作が多いんですよね!

critical_phyさん

日本中が盛り上がっている…平昌オリンピックから目が離せない!

大会6日目まででメダル7個、日本勢の活躍が続いている。7日目は小休止だったが、このペースでいけば冬季五輪最多だった98年長野の10個を軽く抜き、20個を超える?

そんな中でも注目が集まるのが、やはりフィギュアスケートだろう。テレビ東京に出演した、団体ソチ五輪フィギュアスケート代表・町田樹によるスケーター目線の率直で明確な解説も話題

平昌五輪で16日にフィギュアスケート男子のショートプログラム(SP)に臨む羽生結弦(ANA)には、日本以外のファンも現地に駆けつけている。

オリンピックを見て胸が熱くなったあなたへ…人気漫画家がウィンタースポーツを描いています!

知る人ぞ知る名作…「七つの大罪」鈴木央先生が描くフィギュアスケート漫画!

『週刊少年マガジン』2011年52号の同名の読切作品を経て2012年45号から連載開始。週刊少年マガジン2014年20号にてテレビアニメ化が発表された。以後2014年10月以降、3度テレビアニメ化されている。

人間と人間ならざる種族の世界が分かたれていなかった古の時代、ブリタニアの大地を舞台に、七人の大罪人から組織された伝説の騎士団〈七つの大罪〉の戦いを描く。

「七つの大罪」の凄いところは、今までの漫画の王道を躊躇なく継承していると言うこと。それでありながら、飽きが来ない作品に仕上がっている点が、すごいと思うのです。

「週刊少年サンデー」で2005年15号より2007年27号まで連載された。 今のところ、漫画大国日本のマンガ史においても唯一となる 「男性作家が少年週間漫画誌で連載した、男子選手を主人公とした長編フィギュアスケート漫画」となっている。

人から注目され目立ちたいが、空回りばかりの主人公の北里吹雪は、ひょんなことからフィギュアスケートに出逢う。天賦の才能を持っていた彼は初めて人の注目を浴び、フィギュアの世界に足を踏み入れていく。

スケートインストラクターの無良隆志が取材協力に当たっており、新採点方式やジャンプの種類、技などが詳しくかつわかりやすく書かれているため、フィギュアスケートの入門書としても読むことができる。

七つの大罪、ブリザードアクセルの人だったのか…!知らなかった

まじか…「君は淫らな僕の女王」の岡本倫先生が描いたスキー漫画とは?

“きみだら”こと『君は淫らな僕の女王』は、作画を『クズの本懐』の横槍メンゴ、原作を”表紙詐欺漫画”“ハートフルボッコアニメ”の代表作として語り継がれる『エルフェンリート』の岡本倫が担当。

週刊ヤングジャンプ2012年8号に読み切り作品として収録された。この読み切りが好評であったことから続編が制作され、さらに増刊ミラクルジャンプに移籍連載される運びとなった。単行本は読み切り本としては破格なほど売れている。

ある願いを叶えてもらう代わりに自制心を一定時間失ってしまうヒロインと、その幼馴染の男子の日常を描いた。

スキージャンプを題材にした、笑い(大いに)あり、涙(ちょっと)あり、お色気(ふつうに)あり、熱血(そこそこ)ありの、ちょっと変化球の効いた王道スポーツ漫画。

スキージャンプで女性はオリンピックに出られない・・・不遇にも女性でありながら類稀なるジャンプの才能を持つ野々宮ノノが、亡くなった兄、悠太に代わり、野々宮悠太として金メダルを目指していく。

因みに、女子種目がIOCによりオリンピックに採用されることが正式に決定したのは連載終了後の2011年4月6日である。また、連載開始当時の女子ジャンプ選手がほぼ皆無(この時期の全世界の競技人口は僅か約70名)であった。

高梨沙羅が台頭する遥か前、世に出たノノノノこそは、早すぎた作品だと言える。

知っていますか…「ホイッスル!」の樋口大輔先生が描いたアイスホッケー漫画がある!

サッカーはうまくないが、努力はおしまない主人公が様々な友人、選手と出会い、努力を重ねるすえに精神的にも、サッカー選手としても成長していくさまを追った少年漫画らしい安心できる漫画。

ジャンプマンガの割には必殺技とかがほとんどないんですよね。ほんとうにジャンプマンガだと珍しい。主人公が最初は弱いってのも当時珍しかったですよね。それが逆に印象的で、とても良かったんですよね。

1 2