1. まとめトップ

裸足に近い感覚で走る、歩く。『ベアフットシューズ』❺選

裸足に近い感覚が人間本来の足の動きを得る手助けをしてくれます

更新日: 2018年02月23日

48 お気に入り 24019 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

裸足に近い感覚が人間本来の足の動きを得る手助けをしてくれます

jetwskyさん

ベアフットシューズの特徴は、ミッドソールが薄くソールに柔軟性があり、踵からつま先までの高低差(ドロップ)が小さいことです。これらの特徴により「裸足」に近い感覚を得る事ができ、人間本来の足の動きを得る手助けをしてくれます。

最近はベアフットランニングへの関心を持つ人も多くなり、再びベアフットシューズへの関心が高まっています。人気ドラマ「陸王」でもベアフットシューズの重要性が指摘され、再びベアフットシューズへの注目が高まっていきそうです。

■『ニューバランス MT10』■

包み込むようなフィット性をもたらすブリトータンに加え、確かなサポート性を備えたサドル素材、爪先保護機能を装備。

爪先部分は広く、ゆとりのある造りになっています。メッシュで柔らかさもあるのでかなりしなやかな動きができそう。裸足でそのまま履いても良いようなウレタンぽい手触り。

靴下なしでも快適な履き心地を確保するため、ライニングを柔軟な素材にしたり、シューズ内部を段差の少ないフラットなものにするなど、さまざまな工夫が施されている

■『ナイキ フリーラン』■

ソックスのようなアッパーが足を包み込みながらも、存在を忘れてしまうほど軽い感覚を提供。

薄型クッショニングとラウンドヒールで自然な着地を実現。

実際に足を通してみると、シューズと足が一体化したようなフィット感。私は少し足幅が広めなのですが、ニット素材が足の形状に合わせて変化するので、足全体を包み込んでくれます。

■『メレル トレイルグローブ』■

初日からすっきり履けて、ずっと快適、まるでゴム底のくつしたを履いてるような(つま薄手の地下足袋のような)感覚で過ごせます。

■『イノヴェイト ベアグリップ』■

イノヴェイトはイギリスで2003年に誕生したオフロードランニングシューズブランドです。

1 2