1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

過保護?高校のプール授業での「飛び込み」が原則禁止へ

文科省が公表した平成34年度から実施される高校学習指導要領改定案には、高校の水泳授業によるプールへの飛び込みを原則禁止とする旨が記載されていました。これまで、小中学校ではすでに禁止となっていましたが、高校でも同じく禁止とります。

更新日: 2018年02月17日

9 お気に入り 28902 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ppp_comさん

■高校のプール授業での飛び込みスタートが原則禁止に

文部科学省は14日、平成34年度から実施される高校学習指導要領改定案を公表した

高校の水泳授業でプールの飛び込みスタートを原則禁止とする学習指導要領の案が、14日、文部科学省より発表された

スポーツ庁の資料によれば、小・中学校の水泳授業では既に水中スタートのみの指導となっており、高校ではこれまで「段階的な指導を行うとともに安全を十分に確保」だった

■以前から飛び込みによる事故が多く発生していた

1983~2014年度までに学校管理下のプールで、飛び込みによる障害事故が172件起きている

脊髄損傷は水泳で最も多く発生しており、その原因のほとんどがプールへの飛び込みによるものだという

■そもそもの原因は「プールの深さ」?

そもそも学校のプールは溺れるのを防ぐために浅く造られているので、事故につながりやすい

学校のプールは水深が浅いので、勢い良く飛び込むことで頭を底に打ち「頚椎損傷」など大事故に至っている

■競泳などでは3m以上の水深が推奨されている

日本水泳連盟の「公認プール施設要領」によると、五輪などの競泳用プールの水深は3メートルを推奨

ガイドラインでは、いかなる飛び込み姿勢に対しても安全な水深は3メートル以上にならざるを得ない旨を指摘しています

水深が浅いと怪我をする可能性があるので、なるべく水深が深い場所で行う方が良い

■正しい指導ができる教員不足も課題だった

水泳の飛び込みは練習を重ねなければ、うまくできません。また、きちんとした技術がないと思わぬ怪我を招くことがあります

もしかしたら、ある程度の水深にして安全に指導できる先生もいるでしょう。特に、大学まで水泳をつづけた方などは、指導の仕方を心得ていると思います。しかしながら、そんな人はごくわずか

■文科省の飛び込み禁止という決定には様々な声が上がっている

高校は水泳ない高校だったから知らんけど学校のプールって水深浅めで競泳用プールの感覚での飛び込みは怖かった記憶。

学校のプールは基本浅いからねぇ… 私も飛び込みスタートして盛大に顎をこすった事ある…_(:3」∠)_

こんなつまんなくしていって申し訳ない…と思ったりもする。金払ってプール教室行かなかれば「飛び込み」すらやれないということ。

1 2

関連まとめ