1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

道楽生活さん

▼2018年2月9日 平昌オリンピックが開幕

第23回冬季オリンピック競技平昌(ピョンチャン)大会が9日、開幕した。午後8時からの開会式で、主催者・韓国は北朝鮮との連帯を示し、統一旗を掲げて「コリア」として入場した。

▼冬季五輪の開幕にこの男のことを思い出したネット民もいただろう 腰パン男、國母 和宏である

國母 和宏(こくぼ かずひろ、1988年8月16日 - )は、日本のスノーボード(バックカントリースノーボード)選手及び指導者。アメリカ合衆国カリフォルニア州在住。全日本スキー連盟スノーボード技術コーチ(2013-2014シーズン)。

▼國母 和宏は日本代表の頃、その言動で日本中から非難を受けてしまう

2010年2月9日、國母はスノーボード・ハーフパイプ日本代表としてバンクーバーに向かう際、日本選手団公式ユニフォームを崩し、腰パン、緩めたネクタイ、またブレザーの前を開け放しシャツの裾も出し、さらにはドレッドヘアに鼻ピアス、サングラスというスタイルで成田空港に現れ、「結果よりも内容。(滑りを見て)格好いいと思ってもらえればいい。最近のスノーボードはすげぇダセえから」と持論を展開し、そのままバンクーバーに向けて出国した。

この様子を見た人々から日本オリンピック委員会(JOC)と全日本スキー連盟(SAJ)に対し抗議が殺到した。

服装の乱れについても「反省してまーす」と発言した。

しかし國母はこの際に舌打ちしつつ「チッ、うっせーな」と言葉を発した。

▼さて、その腰パン男、國母 和宏はその後どうなったのか? 世界レベルで大変なことになっていた

ハーフパイプの国母、競技引退してからは何をしてるんだろうと思ったら、予想の何十倍も凄いことしてた pic.twitter.com/F1QhpsIaSV

▼ツイッターでの反応

@fight_onigiri これがボーダーの本来の姿。 海外ではカメラマンと一緒に世界中を回ってずっと冬にしかいない。

@fight_onigiri @beriko0214 カッコいい!型にはめられてた世界から、自由にのびのびとスバラシイです。 国母君どうしてるのか?と、思ってたから感動しました。

@fight_onigiri 雪と滑る道具さえあれば、他何にもいらないんだろうなこの人は こんな人にスーツの着方がどうこう言うのって、小物臭半端ないわ

@fight_onigiri 滑る方も滑る方なら撮る方も撮る方だ。いいぞもっとやれ。

@fight_onigiri この人はやっぱ(当時から)紛れもなく天才。 因みに今はとても良いパパされてます。

@fight_onigiri オリンピックなんかでるよりこの人はこういう自由なのの方が向いてるね… 落ちてるんだか滑ってるんだかわからないのが怖いぜw

@fight_onigiri これがスノボの到達点なのかぁぁぁ…!!こんな事ができるようになっちゃう……。

@fight_onigiri 国母くんのヤンチャな感じとかオリンピックに浮かれちゃう感じ割と好きだった。 今は平野くんのコーチでは?

1 2