1. まとめトップ

熱中症やカツオノエボシ…夏の注意喚起事案をチェックしておこう

連日の猛暑で熱中症患者が昨年より急増。早めのチェックをしておきたい熱中症対策や海で発見されたカツオノエボシや日焼け止めなど夏に注意しておきたい事案です。

更新日: 2018年07月04日

6 お気に入り 2320 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

最近ネットで共有された注意喚起情報です。

nyokikeさん

▼熱中症患者が昨年の2.8倍に増加している

総務省消防庁は3日、6月25日から7月1日までの1週間に搬送された熱中症患者が全国で3473人になったと発表した。うち死者が3人出た。

搬送患者は前週(6月18~24日)の667人から約5倍に増え、昨年同時期の約2.8倍となった。

気温や室内の温度が高い状況下では、体内の水分や塩分のバランスが崩れ、体温の調節機能が働かなくなることによって、体温の上昇・めまい・立ちくらみ・体のだるさ・頭痛・吐き気などの症状を呈し、重症化すると、けいれんや意識の異常など、様々な障害を引き起こします。

▼熱中症かな?と思ったらまずやること

夜、およめさんが風呂上りに「寒い寒い…」と急にブルブル震えて出して焦りました。 経口補水液1本あったので渡したら美味しく感じたので熱中症か脱水と判断。布団に寝かせて頭と首、脇を冷やして1時間位で落ち着きました。危なかった…。 もう熱中症になる季節です、みなさんお気をつけ下さい。

症状の確認

熱中症が疑われる時には、適切に応急処置をする必要がありますが「意識がない、もしくは意識がはっきりしていない」場合はすぐに救急車を要請しましょう。また、救急車が到着するまでの間に現場での応急処置も必要となります。

現場での応急処置

救急車を呼んだ場合もそうでない場合も、現場では速やかな処置が必要です。症状や重症度に関わらず、熱中症が疑われる時には涼しい場所へ移動し身体を冷やすことと、水分と電解質を速やかに補給する必要があります。

水分の摂取は本人が自力で摂取できる場合に限ります。

意識がはっきりしているなら、電解質を適量含んだ冷えた飲料を自分で飲ませて下さい。

汗で失われた電解質も適切に補えるスポーツドリンク(ナトリウムを100mlあたり40~80mg含んでいる飲料)や経口補水液などが最適です。
「呼び掛けや刺激に対する反応がおかしい」、「応えない(意識障害がある)」時には誤って水分が気道に流れ込む可能性があるため、無理に飲ませることは避けて下さい。「吐き気を訴える」または「吐く」という症状がある時は、口から水分を摂らせることは適切ではないため、医療機関での点滴等の処置が必要となります。

@iroironaiyo 意外かもしれないけど、その辺の自分の限界って分かりにくいっすよね・・これは熱中症?って分かる時は多分倒れてる事の方が多いと思います。お大事になさって下さい。

@iroironaiyo 応急処置が迅速で良かったですね! 身体を冷やしたいときは首の頚動脈、脇腹、股関節周辺を冷やすとよろしいです。 後、経口補水液は手作り出来ますのでレシピを各家庭のどこかに貼っておくと良さそうですよ。

@iroironaiyo 大事に至らなくて良かったですね これからの時期、お子様も含め熱中症にはご注意ください・・・

・ミズノがぶ飲みで脱水症状になるケースも

「熱中症にならないようにお水を飲んで…」というツイートを時折見かけるけど、 運動して水がぶがぶ飲みながら猛暑の中を歩き回り 夕食後、脱水症状に陥ったアカウントがこちらになります あの時はあれよあれよと言う間に症状が進みました。 お水と一緒にぜひミネラル(適量の塩分)摂取も‼️ pic.twitter.com/byrFSuXX6j

@matsugaoka51 これ当にスポーツドリンク普及以前に、体育会系部活で水を飲ませなかった理由なんですよね。 熱中症や脱水症状によるリスクよりもこちらの方が危険だったから。 今となっては、とんでもない話に聞こえますが、当時はちゃんとした理由があったのです。

@matsugaoka51 スポーツドリンクには種類があり 運動一時間前にアイソトニック(体液に近い成分) 運動中にハイポトニック(体液より薄い成分) 運動後にエネルギー系又はアミノ系 これらがそれぞれ適切とされています ハイポトニックはアイソトニック(ポカリとか)を水で薄めても可で、運動部等がよくやっていますね。

・ポカリスエットとアクエリアスは役割が違う

ポカリスエットは栄養補給 アクエリアスは疲労回復だから 体調悪いときや熱中症の時はポカリスエットの方が効果は高いです。 ネットで今回ってますが、 2つは用途が違いますので 熱中症対策はこの2つで比べるならば ポカリスエットです。

熱中症の時は経口補水液がいいです。 吸収率が違います。 私は味の素さんのアクアソリタが飲みやすいので、そちらを飲んでます。

『 ポカリスエットの場合はナトリウムと炭水化物が多めに含まれています。このことによって、食事が思うようにできなくてもポカリスエットを飲むだけでエネルギーも摂れるのです。また、生理食塩水に似ているため汗をかいた時になくなる水分を補ってくれます。そのため、体調がよくない時や風邪を引いた時、熱が出た時などに飲むと良いです。(看護師)

『 アクエリアスの場合には、アミノ酸やクエン酸が多く含まれているので運動や夏バテしている時など汗をかいて疲れている時に疲労回復するのに効果があります。(看護師)

@Seri_c_nanakusa FF外から失礼します。 運動時の水分補給として適しているのはどちらでしょうか…?

@shi_ta0912 @Seri_c_nanakusa さらにFF外ですが、その二つならアクエリアスですね。アクエリアスは運動による疲労回復のためにクエン酸やアミノ酸を配合して作られたものです。 飲み過ぎると糖分の摂り過ぎになりますし、経口補水液とは違いますから脱水症状予防としては過信禁物ですけど。

@Seri_c_nanakusa @vita19901016 熱中症対策としてナトリウムとなんかの割合の最もバランスが良いものがポカリスエットになります。大塚製薬の方を招いての熱中症教育のときに話されていましたね 以前、ダカラの白色が販売されていましたが あれにはナトリウムが入っておらず 熱中症対策にならない で、生まれたのがグリーンダカラです

▼ペットの熱中症対策も要チェック

暑い夏と!!  ワヌちゃんが地球にいる限り!!  何度でもつぶやくぜ!!!!  犬の熱中症対策。 今日みたいな夏日のお散歩は、アスファルトが冷えている早朝&深夜にしましょ~☆ pic.twitter.com/a96Y6CcrrH

1 2