1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

広がる救済の輪…「強制不妊手術」の実態と問題点について

目にすることが多くなった「強制不妊」という言葉。その実態と問題点とは。

更新日: 2018年02月17日

13 お気に入り 47053 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼のおける記事を参考に作成しています。

■強制不妊手術とはいったい何なのか?

強制不妊手術(きょうせいふにんしゅじゅつ)とは、人間に対して、本人の意思に関わらず、強制的に不妊手術を行うことである。20世紀に世界のいくつかの国で行われていた。

「不良な子孫の出生を防止する」と定めた旧優生保護法(一九四八~九六年)の下、障害や遺伝性疾患を理由に不妊手術などを受けさせられた人たちがいた。

本人の同意は不要。優生保護統計などによると49~92年に全国で計約1万6500件実施された。

遺伝性疾患や知的障害、ハンセン病について遺伝防止のためとして不妊手術や人工妊娠中絶を認め、不妊手術は本人らの同意がなくても強制的に行う

日本でも、1940年から1996年まで合法的に行われていた。敗戦によりエスカレートした。

関係者の多くが「強制的不妊手術は問題だ」と認識したのは1980年代と思います。

■強制不妊手術を強制された被害者は8万4000人に上るとされている

遺伝性の病気やハンセン病の人には同意が必要とされ、その人たちを含めると不妊手術や中絶をされた全被害者は約8万4000人に上る。

手術の対象は、遺伝性のない疾患や障害を持つ人、そもそも疾患も障害もあるとはいえない人にまで広がり犠牲者は増え続けました。

■この強制不妊手術に対して「訴訟」も

強制不妊手術の実施は憲法違反で救済措置も取られていないとして、県内の60歳代の女性が国家賠償請求訴訟を起こした

旧優生保護法の下で不妊手術を強制されたとして、国に損害賠償を求めた宮城県の60代原告女性

「個人の尊厳や自己決定権を保障する憲法に違反する」として訴えを起こした

旧優生保護法で不妊手術を強制された女性が30日、国に損害賠償を求める訴訟を起こした。同法をめぐる国家賠償請求訴訟は初めて

弁護団によると、女性は15歳だった1972年、県の検査で「遺伝性精神薄弱」と判断され、県内の病院で不妊手術を強制された。

第1回口頭弁論が3月28日に開かれることが14日、女性の代理人弁護士への取材で分かった。

訴訟の提起とは別に、旧優生保護法の歴史的総括はしっかりしていかなければならない■強制不妊手術:「千件突破」冊子で功績強調 最多の北海道 - 毎日新聞 mainichi.jp/articles/20180…

優生保護法による強制不妊手術訴訟、出生前検査ができるようにならなかったら、きっと訴訟起こせなかったよね。ひどい話。 ただ、出生前検査で生を受けられなかった子は声もあげられず。 #クロス

国によって優秀ではないと判断された血統は淘汰される。アンドリュー・ニコル監督の映画『ガタカ』のような話。 <強制不妊手術>「優生手術」除斥期間焦点 初の国賠訴訟(毎日新聞) - Yahoo!ニュース… twitter.com/i/web/status/9…

■北海道で最も多く行われたという資料も出てきた

北海道は手術件数が全国で最も多く、道はこれらの資料を基に旧法に照らして当時の対応に問題がなかったか検討する。

1 2