1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

しょこたんはイラストで!羽生&宇野の快挙に芸能界からも祝福の声

平昌五輪男子男子シングルで、羽生結弦選手が合計317・85点で2大会連続の金メダルを獲得しました。さらに、SP3位の宇野昌磨選手が合計306・90点で銀メダルを獲得しました。

更新日: 2018年02月18日

19 お気に入り 149815 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

平昌五輪男子男子シングルで、羽生結弦選手が合計317・85点で2大会連続の金メダルを獲得しました。さらに、SP3位の宇野昌磨選手が合計306・90点で銀メダルを獲得しました。(信頼のおける記事を参考に作成しています)

kyama77さん

●平昌五輪男子男子シングルで、羽生結弦選手が金メダルを獲得!

ショートプログラム(SP)首位の羽生結弦(ANA)が206・17点でフリー2位となり、合計317・85点でこの種目66年ぶりの連覇を達成

男子シングルでの連覇は1948年サンモリッツ、52年オスロを連覇したディック・バトン(米国)以来66年ぶり4人目。

・冒頭の4回転サルコーを綺麗に着氷

羽生は冒頭の4回転サルコーを綺麗に着氷すると、続く4回転トーループも高いジャンプから余裕の着氷。2回転フリップも決めた。

・後半にも4回転サルコーと3回転トーループ連続ジャンプに成功

ジャンプの基礎点が1・1倍になる後半に4回転サルコーと3回転トーループの連続ジャンプに成功

・フリー206.17点、合計317.85で優勝!

フリー206・17点、合計317・85点で優勝し、日本選手第1号の金メダル獲得となった。

サルコーなど2種類の4回転ジャンプを計4回着氷し、大きなミスのない演技を見せた。

特に羽生選手なんて怪我からの復帰で金メダル獲得とか凄すぎ…

金が決まった瞬間の、羽生選手の涙に、涙が止まりません…!

●一方、宇野昌磨選手は、最初の4回転ループで転倒

・最後の4回転となったトーループは成功

3回転ループも決めた。途中のジャンプでは着氷時にバランスを崩すミスがあったものの最後の4回転となったトーループは成功した。その後のジャンプはうまくまとめた。

SP3位の宇野昌磨(トヨタ自動車)は、冒頭の4回転フリップで転倒したものの、202・73点でフリー3位となり、合計306・90点で銀メダルを獲得。

フィギュア日本勢が表彰台に2人立つのは、男女通じて史上初の快挙となった。

羽生くん連覇、宇野くん銀メダルおめでとうございます㊗️ めっちゃ感動 凄すぎます

1 2 3