1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

羽生竜王にも勝利!六段昇段が決定した「藤井聡太」に称賛の声がやまない

中学生プロ棋士・藤井聡太五段が17日、第11回朝日杯将棋オープン戦決勝で広瀬章人八段を下し初優勝!15歳6カ月の史上最年少での一般棋戦優勝を決め、六段昇段が決まった。藤井六段は準決勝で永世七冠を達成した羽生善治竜王との公式戦初対局として大きな注目を集めていた。藤井6段の史上最年少優勝に称賛の声!

更新日: 2018年02月18日

13 お気に入り 75086 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

藤井聡太六段に称賛の声がやみません!

karumaru0505さん

●藤井聡太六段が第11回朝日杯将棋オープン戦で優勝!

将棋の藤井聡太五段(15)が17日、東京・有楽町朝日ホールで行われた第11回朝日杯将棋オープン戦で15歳6か月の史上最年少棋戦優勝を果たした。

決勝は広瀬八段と対局。お互いに秒読みでの将棋となったが、最後は相手玉を追い込み、勝利した。

#アベマ将棋 ずっと見てました。 感動しっぱなしでした❣️ いいもの見せてもらいました⚡️ 史上最年少にて 藤井聡太五段 優勝おめでとうございます㊗️㊗️㊗️ pic.twitter.com/qC9p0rXpQa

●加藤一二三九段の記録を塗り替える快挙!

今までの最年少記録は「ひふみん」こと加藤一二三九段(78)が1955年に「六・五・四段戦」(現在は廃止)を制した時の15歳10か月

藤井くんも凄いけど、藤井くんが記録更新する度に、前記録保持者として、ひふみんの名前が出てくるから本当に凄い人なんだなぁって改めて思わさられる。

ふじいの前ってひふみん史上最年少だったのか❗️ 将棋の世界なんて全然知らんかったけど、そらすげーわあとひふみん癒しキャラ凄い(笑)

●史上最年少で六段に昇段!

中学生として初の六段になり、60年以上更新されていなかった棋戦の優勝と六段昇段の最年少記録を塗り替えたということです。

藤井六段は1、2次予選を突破、16人が出場する本戦に進出した。準々決勝ではタイトル保持者と公式戦初対戦となり、佐藤天彦名人(30)を破る快進撃を見せていた。

●準決勝では羽生善治竜王と対局していた藤井六段

藤井聡太五段(15)は17日、東京都千代田区で指された朝日杯オープン戦本戦準決勝で羽生善治二冠(47)と公式戦で初対戦

注目のカードとあって、公開対局となった会場には約600人のファンが詰め掛けた。緊張感漂う中、藤井五段の先手番で始まり、2人は引き締まった表情で指し進めた。

藤井五段が先攻したが、羽生二冠も反撃。最後は藤井五段の攻めが決まり、119手で勝ちきった。

●羽生善治竜王には「自分の全力を尽くして勝つことができた」

敗れた羽生竜王は「難しいところもあったと思うんですが、ちょっと終盤の入り口からは難しいと思っていた。私が少しミスをしてしまった」と敗戦の弁を述べた

「落ち着いた指し回しで安定感があった。冷静に一手一手、指されているなと思った」と話した。

勝利した藤井五段は終局後の会見で、声を震わせながら「自分の全力を尽くして、勝つことができました。ずっと難しい将棋だったのですが、最後に1手勝ちになったと思った」と振り返った

●藤井聡太六段の快挙に称賛の声!

藤井五段?六段?とりあえず凄すぎて凄い実感が湧かないぞ。

藤井五段→17日間→藤井六段 名人・竜王を破っての棋戦優勝は凄いの一言に尽きる。益々ファンになってしまう。

1 2 3

関連まとめ