1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

昔りぼんっ子でした。

わふむらさん

2003〜2008年頃にりぼんで連載されていた作品をまとめました。
20代前半女子の小学生時代に合わせて、筆者の思い出深い漫画家さんの作品を集めました。
独断でセレクトしたので、「えっ、何でこれが入っててこれがないの!?」などあるかもしれませんが大目に見てください。
(今回ギャグ漫画は除外しました)

松本夏実

恋愛模様だけでなく松本先生の生み出す中華ファンタジーな世界観に当時どっぷりはまりました。
個人的に作品中に出てくる「赤い糸を操作できるマニキュア」が印象深いです。

上作品のヒロイン夫婦の娘が主人公の続編です。

ファンタジー全開の松本先生らしい作品。とにかく絵柄が可愛いんです。

槙ようこ作品

アニメ化もされた名作!
男子高校生と幼女の黄金の組み合わせはここから生まれたといっても過言ではない。(恋愛はしません)
ゆずゆが可愛すぎて胸が苦しくなります。

りぼんには珍しいシリアスなSFストーリーで小学生の私には少し難しかった記憶が。でも今読み返すと話も絵もスタイリッシュで面白かったです。
短く終わってしまったのがとても残念です。

ポップなタイトルに反して、万引きや自殺未遂のエピソードなど少し暗めなストーリー展開ですが、槙先生の描く細かな心の描写で重くならずに読むことができます。
主人公が考えたモテるためのお約束にある「笑う時はアヒル口」になんだか時代を感じます。

持田あき

映画監督を目指す少女と俳優として活躍する少年のお話。

持田先生の描く繊細で淡い少しレトロな絵柄が大好きでした。お話も主人公の心の機微を丁寧に描いていて小説のような素敵な作品です。
主人公の友達の「慈雨ちゃん」が名前や見た目、性格を含め小学生の私のあこがれの女の子でした。

種村有菜

アイドルと死神が出てくる異色すぎるストーリー。種村先生の作品はクセになります。

少し話が複雑でやや大人向けな作品かなと個人的には思います。
タイトルは「しんしどうめいクロス」と読みます。

藤原ゆか

りぼんのテニス漫画は後にも先にもこの作品だけなのでは。
話がスマートで面白いです。

ストリートバスケとダンスを融合させた斬新なストーリー。
絵柄もポップでおしゃれな作品です。

個人的に大大大好きな作品。
アイドルを題材にした漫画やアニメは今でもたくさんありますが、その王道を行き金字塔を打ち立てたと言っても過言ではないほどパーフェクトな作品です。
しかし王道でありながら、途中で主人公がバトンタッチする斬新なストーリー展開で読者を飽きさせない名作です。

黒崎みのり

バンドに命をかける女の子のお話。
ここだけの話、この漫画に影響されて小学生ながらギターを買ってもらいました。
主人公のピンクに黒のメッシュという少女マンガらしからぬ髪色にもひそかに憧れていました。

樫の木ちゃん

幼稚園、保育園、ベビーシッター系の作品も今少なからずありますが、この作品はその先駆けに近いのではないでしょうか。

竹内こずえ

当時のりぼんのメイク漫画といえばこれです。実写にしたら面白そうです。

小桜池なつみ

この作品も大好きでした。
イケメンのお兄さん、優しい同級生、ムカつくけど気の合うライバル…少女漫画の美味しいパターン盛りだくさんのたまらないお話です。

モデルを題材にしたお話。
小学生の私にモデルさんて大変なんだなあと教えてくれた作品です。

吉住渉

大げさすぎないファンタジー作品です。
普通の人間の日常の中で主人公が使う魔法にワクワクしてました。
四角関係なのもまた良いです。

1 2