1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

スピード女子日本初の金メダル!五輪新記録の小平奈緒選手が凄すぎる!

平昌冬季五輪は大会第10日の18日、スピードスケート女子500メートルが行われ、小平奈緒選手(相沢病院)がオリンピックレコードの36秒94五輪新で金メダルを獲得しました。会見では、李相花(イ・サンファ)選手や亡き友・住吉都さんへの思いも語りました。

更新日: 2018年02月20日

9 お気に入り 56613 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

平昌冬季五輪は大会第10日の18日、スピードスケート女子500メートルが行われ、小平奈緒選手(相沢病院)がオリンピックレコードの36秒94五輪新で金メダルを獲得しました。(信頼のおける記事を参考に作成しています)

kyama77さん

●スピードスケート女子1000mで銀メダルを獲得した小平奈緒選手

同種目の世界記録を持つ小平奈緒(31=相沢病院)が1分13秒82で銀メダルを獲得。高木美帆(23=日体大助手)が1分13秒98で銅メダルを獲得

金メダルは五輪新記録となる1分13秒56をマークしたヨリン・テルモルス(オランダ)だった。

・ブリタニー選手が出した低地世界最高記録に0秒01まで迫る記録

ブリタニー・ボウ(アメリカ)が2015年にアメリカのミルウォーキーで出した、これまでの低地世界最高記録1分13秒81に0秒01まで迫る素晴らしい記録だった。

小平選手、銀メダルおめでとう! 高木選手、銅メダルおめでとう! 日本人選手が揃って表彰台、凄い!

小平選手、高木選手、すごい!おめでとうございます!

・小平選手は、個人種目でのメダルは初となった

小平は初出場の2010年バンクーバー五輪の女子団体追い抜きで銀メダルを獲得したが、個人種目でのメダルは初。

小平にとって2つ目の銀メダルは「また違ったうれしさがある。素直にうれしい」。

日本勢女子初の金メダルこそ逃したものの「表彰式は一番強い人をたたえる瞬間なので、強かった人をたたえたい」と晴れやかな表情で歓声に応えた。

●その小平選手がスピードスケート女子500mで金メダル獲得!

平昌五輪第10日の18日、スピードスケート女子500メートルが行われ、小平奈緒(相沢病院)が36秒94の五輪新で優勝。

冬季五輪の日本女子として、1998年長野大会の里谷多英、2006年トリノ大会の荒川静香に続く史上3人目の金メダルを獲得

冬季五輪の1大会で日本女子が複数のメダルを獲得するのは、今大会の高木美帆(日体大助手)に次いで2人目。

郷亜里砂(30=イヨテツク)は37秒67で8位、神谷衣理那(26=高堂建設)は38秒255で13位だった。

・これまでの五輪記録は、李相花選手の37秒28だった

小平はこれで、この種目16年3月のW杯で8位になってから負けなしの25連勝とし、李相花の3連覇を阻止した。

●ネットでは、小平選手の金メダルに祝福の声が広がっている

1 2 3