1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

羽生結弦だけじゃない…現実がうっかり漫画を超えちゃった人たち

平昌五輪フィギュアスケートの金メダリスト羽生結弦や藤井聡太新六段、大谷翔平、張本智和といった若い力の台頭がまるでマンガだと話題に。

更新日: 2018年02月19日

38 お気に入り 135690 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

最近の若い力の台頭が、まるで漫画の主人公のようです。

nyokikeさん

▼平昌五輪金メダリストの羽生結弦選手が漫画のようだと話題に

「開き直るしかないと思っていた。けががひどくて、練習がなかなかできなかった。漫画の主人公にしても出来過ぎなぐらい。でもこうやって金メダルを取って、たくさんの方々に応援してもらって、色んな方々にスケートを見てもらって。こんなに幸せなことはない。人生として考えたら、なんか変だな、と思う」

宮城・仙台出身の羽生は2011年に東日本大震災を被災。スケートに被災地への思いを込めたキャリアについて、記事では「羽生のフィギュア人生は彼の話の通り、現実と大きくかけ離れたところが漫画のようだ」と紹介している。

韓国日刊スポーツ

羽生結弦が漫画の世界の人物な理由 ・ソチ五輪で金メダル ・世界記録を3度自身で更新する絶対王者 ・しかし2017年11月に靭帯損傷 ・練習期間1ヶ月でぶっつけ本番でオリンピックの舞台へ ・66年ぶりの2連覇金メダル ・そしてそ… twitter.com/i/web/status/9…

…そしてその金メダルが冬季五輪の通算1000個目ジャストの金メダルだった←new

羽生くんを漫画の主人公にしたらほんと盛りすぎになるだろ。何この人。

羽生選手の存在だけならまだ「この世界は本当は何者かが描いているベタな少年漫画なのかもな…それを私たちには隠しているだけで…」くらいですむけど、「羽生選手が取った金メダルは冬季オリンピック通算1000個目」とか言われると「もはや隠す… twitter.com/i/web/status/9…

羽生、何もなければ無双するのにギリギリ本番に間に合う程度の怪我をするってところまで完全にマンガ主人公って感じ

▼将棋の藤井聡太五段の羽生竜王を破っての六段昇段でも漫画のようだという声が…

将棋の第11回朝日杯オープン戦準決勝、羽生善治竜王(47)対藤井聡太五段(15)が17日午前10時30分から東京・有楽町朝日ホールで行われ、藤井五段が勝った。

両者、非公式戦では1勝1敗だが、公式戦では初対決だった。

藤井六段は第11回朝日杯将棋オープンで羽生善治竜王(47)を破り、15歳6カ月の史上最年少棋戦優勝を果たし五段から昇段した。

史上初最年少棋戦優勝、六段昇段!将棋界に突如現れた藤井聡太君の『史上初』をこの短期間でどの位見たのか。長い将棋界の歴史を一人の中学生が一瞬にして塗り替えていく様は出来過ぎた漫画みたい。これからどんな史上初が?!更に羽生選手、宇野選… twitter.com/i/web/status/9…

漫画だと藤井くんここで竜王にボコボコにされて修行期間入るんだけどそれすらスキップした藤井くん

藤井五段、「設定にリアリティがないから漫画ならボツ」を超えて、「序盤でもうクライマックスのエピソードを消化して漫画として成立しないからボツ」の域になってきたな。

藤井五段が一瞬にして藤井六段になってしまったが、漫画やライトノベルであればここで「七段昇格を防ぐため」と意地悪をするところである。たとえば最強の棋士である羽生竜王を……あ、今日もう指してた……

▼日本人離れしたポテンシャルで球界を魅了した大谷翔平選手に触発された漫画が…

16年に及ぶ連載を終えた当時について作者の満田拓也さんは「物語の続きを描きたい気持ちがありました。吾郎の打者編(の続き)や、息子の物語などをです。でも当時は長丁場の連載が終わったばかりだったので、すぐにという気持ちはありませんでした」と振り返る。その満田さんを再び野球マンガに駆り立てたのは、投手と打者の「二刀流」で注目される北海道日本ハムファイターズの大谷翔平選手の存在だったという。

右肩をケガした投手が左腕で復活したり、激しい競争を勝ち抜いた野球の名門高校をさっさと転校し、弱小野球部で勝ち上がることを決断するなど、突き抜けたストーリーやアイデアをマンガにしてきた満田さんにとっても、二刀流は「現実味がない」として見送ったアイデアだった。「(投手と打者の)二刀流に挑戦している大谷選手のような、マンガの先を行く現実の“怪物”を見て、触発された」。

漫画『MAJOR』を読んだことがあるかという珍質問も。大谷は「もちろん読んだことあります。とても面白い漫画だと思って拝見させていただいています」と感想を語りつつ「すごく難しい質問…。そういう漫画を見たりして自分の想像力が広がった」と苦笑いだった。

大谷翔平は漫画を超えたと言われますが、水島新司先生に言わせれば、まだ超えてはいないそうです。 pic.twitter.com/cHRM7AjcNe

大谷くんを実際に見たことないからか、たまに「本当に実在するのかなぁ?」と思ったりする( ¯ω¯ ) なんか漫画くらい現実味がないんだよね笑 生きてるんだよね? 人間なんだよね? #大谷翔平 pic.twitter.com/jx4m7dJFec

@AftamC 大谷翔平なんかも漫画の世界を超えたからなぁ…2016年シーズンのファイターズはアニメだった

▼卓球の張本智和選手もマンガの主人公のような活躍を見せている

21日、全日本卓球選手権の決勝で、張本智和(14)が男女を通じ史上最年少で初優勝。今大会10度目の優勝を目指していたエース水谷隼(28)を破り頂点に立った。

張本は会見で「これからは自分の時代にしたい。どんな相手が来ても負けない実力をつけたい」と、もはや国内に敵なしとも思える強気の発言も飛び出した。

1 2