1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

canty0628さん

今年の冬は一段と寒かった

2月は、西高東低の冬型の気圧配置が続き、非常に強い寒気が南下して、全国的に寒くなりました。

東日本や西日本では15℃前後まで上がり、一気に春の暖かさを感じられそうです。春はすぐそこまで来ています。

確実に春が近づいてきてるのを感じる。 山の向こうにまだ光が射してるのを見ると無性に走りたくなる。 暖かい芝生の上でのんびり横になりたい。 カメラを持って色々なところの春を撮りたい。 幾つ実行できるだろうか。

春と言えば花粉の季節です

2月から5月にかけてスギ、ヒノキの花粉飛散のピークを迎え、春は最大の花粉症のシーズンです。

そんな花粉には法則があるんです

スギ花粉の飛散開始日を予測するにあたっては、積算最高気温が重要なポイントとなります。

1日の最高気温を1月1日から加算した数字(積算温度)。

1平方センチメートルあたり1個以上のスギ花粉を2日連続して観測した場合の最初の日 。

とうとう今年も350℃の法則始動したよ、、花粉時期到来

花粉症歴が25年以上ともなると、鼻粘膜センサーが判定した花粉飛散開始日が気象ニュースより正確にw

花粉だけではなく、桜の開花予測も気温が関係してた

毎年、日本の春を彩ってくれる「桜」。しかし、咲いたと思ったらすぐに散ってしまい、見頃を逃してしまう。

“開花宣言”が出される対象となるサクラは、あくまでもソメイヨシノに限るということです。

桜の標本木は全国に96ヵ所あるとされる。各地の気象台がそれぞれ当地の標本木を観測。

1 2