1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

将棋に南極最高峰…金メダル獲得と同じ日に起きた快挙も凄かった件

平昌五輪で、フィギュアスケート・羽生結弦選手、スピードスケート・小平奈緒選手が金メダルを獲得した日と同日、偶然かのように起こった2つの快挙も話題になっています。

更新日: 2018年02月19日

15 お気に入り 30091 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ラガモさん

□フィギュアスケート・羽生結弦選手が金メダル連覇を決めた

平昌五輪のフィギュアスケート男子で羽生結弦(23)=ANA=が金メダルを獲得し66年ぶりとなる五輪連覇という快挙を成し遂げた。

【New】フィギュアスケートの羽生結弦選手と、将棋の羽生善治二冠にとって負けられない日。2人の「羽生」の名前が溢れて混乱しそうです。(瀬谷健介 @dondon_01buzzfeed.com/jp/kensukeseya… pic.twitter.com/3mgnQwosaF

最年少で藤井新六段誕生!と羽生結弦選手の金メダル連覇!二つの号外が配られた歴史的な一日となりました! #YuzuruHanyu #藤井六段 #将棋 #朝日杯 pic.twitter.com/KSkbIWqbUw

将棋界では羽生善治竜王が新進気鋭の藤井聡太五段に朝日杯で敗れ、「羽生が勝って、羽生が負けた」と話題になっている。

約600人が見守る公開対局の緊張感が漂う中、藤井五段の先手番で始まり先攻したが、羽生棋聖も反撃。最後は藤井五段の攻めが決まり、119手で制した。

同じ漢字の苗字に戸惑うとの声や

今日の夕刊の一面ながやけど、 羽生ってのが3つも出てて非常に分かりづらい pic.twitter.com/gfwubS2hvJ

羽生勝ったやら負けたやらどっちがどっちがどっちだか分かりづらいwww

「羽生、竜王戦に臨む」←これはハブ 「羽生、最高得点」←これはハニュウ 「羽生、NHK杯に出場」←どっち? 「羽生、逆転勝利」←どっち? 「羽生、優勝に王手」←どっち? というくらいには見出しでは分かりづらい

フィギュアスケートの「羽生」は、「はにゅう」、将棋の「羽生」は、「はぶ」 同じ字でも、読みが違う文字もあるな。 pic.twitter.com/ryuG0hyACp

しかし同じ日に将棋の羽生さんが若き棋士に負け、フィギュアスケートの羽生さんが金を獲るとは…

混乱!?する人も

羽生さん将棋で国民栄誉賞取った上にスケートでもメダル取ろうとしてるのか、すごいな

なんで羽生くん将棋すっぽかしてスケートしてんの?

□スピードスケート・小平奈緒選手が金メダルを獲得した日

スピードスケート短距離のエース小平奈緒(31=相沢病院)が36秒94の五輪新記録で金メダルを獲得した。

小平は1000メートルで銀メダルを獲得しており、今大会2個目のメダルとなりました。

地元・韓国の李相花の3連覇を阻んだ小平が、レース後に李と抱き合って健闘をたたえ合っていた

韓国で開催されるオリンピックで、李相花選手のプレッシャーは本当に相当なものだったなっていうのを感じていた。『プレッシャーの中でよくやったね。私はまだリスペクトしているよ』って話をしました

1 2