1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

オリンピックのスポンサーにはいくつかの種類がありますが、その中でも特に大きな役割を担うのが『ワールドワイドオリンピックパートナー』です。どんな企業があるのか、まとめて紹介したいと思います!!

Kwhale9917さん

▼ワールドワイドオリンピックパートナーとは?

世界中でオリンピックのロゴを活用したマーケティング活動が可能となる。

▼コカ・コーラ

コカ・コーラをはじめとする清涼飲料水を製造販売するアメリカの企業

アムステルダム1928大会以来、最も長い間オリンピックムーブメントを支援し、世界的なスポーツイベントへと発展する過程を共に歩まれてきました。

▼アリババグループ

中華人民共和国の情報技術 (IT)などを行う会社

クラウドサービスやECプラットフォームサービス分野における革新的なテクノロジーの提供を通じて、デジタル時代のオリンピック競技大会のさらなる飛躍的な発展と進化をサポートしていきます。

▼アトス

世界50カ国以上でクラウドやビッグデータ等のITサービスを提供している多国籍企業

2001年以降国際オリンピック委員会(IOC)が最も信頼を寄せるワールドワイドITパートナーとして、オリンピック・パラリンピック大会のITソリューションを提供しています。

▼ブリヂストン

東京都中央区に本社を置く世界最大手の巨大タイヤメーカー

「最高の品質で社会に貢献」を企業理念の使命として掲げられており、その精神は、オリンピズム憲章と相通じるものです。

▼ダウ・ケミカル

アメリカ合衆国ミシガン州ミッドランドに本拠を置く世界最大級の化学メーカー

ワールドワイドパートナーそして「公式化学会社」として、 ダウとオリンピックのパートナーシップは通常のビジネスの枠を超えた基盤であり、インスピレーションの礎となっています。

▼GE

アメリカ合衆国コネチカット州に本社を置く、多国籍コングロマリット企業

東京2020大会では、エネルギーやヘルスケア、車両輸送などの分野においてデジタルを最大限に活用して大会運営をサポート

▼インテル

アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く半導体素子メーカー

1 2