1. まとめトップ

【祝・銀メダル!】宇野昌磨選手の自然体マイペースキャラが巷で話題に!

銀メダル獲得おめでとうございます。メダルにこだわりがなさそうな無頓着な所やマイペースなキャラに好感が持てます。これからもどのような天然発言が飛び出すのか楽しみです。

更新日: 2018年10月14日

3 お気に入り 11894 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

マイペース。個性的で良いと思います。

宇野昌磨選手は

超がつくほどマイペースだそうで、



テレビは見ない、

新聞もネット記事も一切読まない、

自分がどう報じられているか

気にすることもないそうで、



まわりの影響を受けることない

ブレない芯の強さが

これまでの結果やリンク上での表現にも

現れているのだと思います。

演技前に見せた余裕

ショートプログラム、フリーともに羽生結弦(23)=ANA=の後だったことについて問われると、「僕は、すごい見たい、というタイプなので」と他選手の演技を見ていたという。全員の演技を見たという宇野は、「世界で戦うようになってから、みんなの演技が、見てて楽しい」と他の大会でもライバルの演技を見ていると明かした。

 中居から「観戦モードも入っているんですか?」と質問されると宇野は「けっこう、暇なんで。自分の演技が始まるまで」と、この日2つ目の“珍”回答。

演技中に笑える余裕

「1個目の(4回転)ループを失敗した時点で、ちょっと、もう...笑えてきました」
と言ってフフッと笑った。「そこまで冷静だったのですか」という問いにも

「そうですね。1個目を失敗した時点で、もう頑張ろうって、なんか焦ることなく、笑いが込み上げてきました」
と頬をほころばせた。

試合後の余裕

20歳で初の五輪出場ながら銀メダルを獲得した。インタビューでは「この後表彰式もありますけど、どんな気持ちですか」と聞かれると、キョトンとした顔で

「この後に表彰式あるんですか?」
と逆質問。「メダルセレモニーが夜あります」と教えられると、「う~ん」と上を向き、「そんなになんか、特別な思いはやっぱりなかったですね、最後まで」と、あっけらかんとして話した。

表彰式でも余裕

--表彰式の場では、3人(羽生、宇野、フェルナンデス)が抱き合っている場面があったが

 「英語がわからないので、(2人がしゃべっている)意味がわからなかったけど、同じクラブだからかなとか、ハビエル選手が現役長くないからかなとか。一緒に抱き合ったけど、泣いている中で何を言っているかはわからなかった」

メダル獲得後から友人のお祝いメッセージを数多く受け取った。一方で「家族からは連絡はありません。僕が連絡を返さないので、連絡がないんだと思います。

海外メディアに見せた余裕

海外メディアも多く駆けつけた記者会見。胸に銀メダルをかけながら「日本に帰ったら、そのメダルを誰にかけてあげたい?」という質問にキッパリと答えた。

 「『かけたい人がいればかければいいかな』って思います」

 キョトンとした表情と言葉のギャップに場内がどっと沸き、さらに続けた。

 「別に(メダルを)特に大事に扱おうと思ってはいないので『触りたい人がいれば触ってください』という感じ。保存方法も家族に渡して、お任せします」

選手村でも余裕

--今後の予定は

 「日本にいるときよりも(選手村で)ゲームができているので満足だった。ずっとぐうたらな生活を送ることができて楽しかった。この後は日本に帰って練習する。世界選手権に向けて練習に励んでいきたい」

眠気に逆らわない余裕

宇野の目が、今にも閉じようとしていた。会見の終盤。「まだまだ僕の実力が羽生選手より劣っていると、今回の試合で実感しました」と述べ、通訳が日本語から英語に訳している間に思わずウトウト。前日はメダルセレモニー、各局のテレビ出演で、睡眠が十分取れなかったうえに、朝が苦手。前日の銀メダルに続き、一夜明けても報道陣を驚かせた。

「このオリンピックが始まる前、インタビューとか、もちろん滑りも見ていますが、こんなに眠そうな宇野君は本当に初めてですね」とツッコミ。「銀メダルを取ると、こんなに睡魔に襲われるのか、って感じてるんじゃないでしょうか?」と問いかけた。宇野は笑いながら「そうですね。オリンピックのメダリストがこんなに大変なんだな、と…」と吐露。続けて「これがオリンピックなんだな、と実感しました」と“珍”回答。

ゲーマーに対する名言

宇野昌磨選手、すべての課金ゲーマーに名言を残す「課金は負けではない 強くなるための手段だ」

番外編:萌え袖

Togetter

名言集

宇野昌磨公式サイト

関連まとめ

1 2