1. まとめトップ
  2. ガールズ

めっちゃ簡単!「パステルカラー」をアイメイクに取り入れるコツ

春はパステルカラーのメイクに挑戦したい!

更新日: 2018年02月24日

51 お気に入り 62784 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

春と言えばやっぱりパステルカラー。ファッションも素敵だけど、やっぱりメイクにも取り入れたいですよね。パステルカラーを上手に取り入れるメイクテクをまとめました。

stoneflowerさん

▼春は、やっぱりパステルカラーが欲しくなる。

淡いピンク、ラベンダー、アイスブルー、ミントグリーンとパステルカラーがトレンドインし2018年の春夏コレクションにも多く登場

パステルカラーがビビるほど似合わないからほぼ着ないけど

▼でも、この春は、メイクだってパステルカラーを取り入れたい!

パステルカラーを取り入れると、雰囲気がガラっと変わります。白肌に溶け込むパステルカラーは透明感もプラスでき春らしさも出せる

□似合うか心配…大丈夫!一重や奥二重でもこれなら失敗しない!

①一重さんの「パステルアイメイク術」

・色はハッキリ目のパステルカラーかブルーが◎!

まぶたの腫れぼったさが気になる一重さんには、明るいけどスッキリ見えるパステルや透明感のあるブルーがオススメ。

水色やペパーミントグリーンなど、パステル系の寒色を使って

・立体感が出るように塗り方を工夫してみよう。

アイシャドウをブラシに取り、アイホールの中央に色をのせます。ブラシを左右に動かしながら塗り広げると、まぶたの中央が一番明るく、まわりが薄いグラデーションが完成。自然な立体感が出せます

一重まぶたの方が塗る範囲を狭くしすぎたり広範囲にのせすぎてしまうと、メイク全体のバランスが崩れてキツく見えてしまったり厚ぼったく見えてしまい、アイメイクの良さが半減してしまいます。

青系のアイシャドウを使った場合、口紅やチークなどに、パステルピンクやオレンジの合わせるのがポイント。適度に女性らしさをプラスしてくれます。

すっきりクールに見られがちな目元を、カラーをのせる場所で目のフォルムや印象までもチェンジ!黒目の上にブルー、下にはピンクをのせることで、目のタテ幅が強調されて愛らしさも倍増します。

一重は暖色系使うと腫れぼったくなるから駄目って言うけどアイシャドウが良かったのか、黒目の上が締め色の時より縦長に見えた。 薄めのピンクだから瞼の色と馴染むのかね。

・締め色はガッツリ太めでOK!

1 2