1. まとめトップ

着物の様に日本人にフィットする。『スニーカー Made in Japan』❺選

日本人が日本人のために作るスニーカーに足を包み込まれたい♪

更新日: 2018年07月06日

94 お気に入り 45138 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

日本人が日本人のために作るスニーカーに足を包み込まれたい♪

jetwskyさん

■『ASAHI』■

履き心地と快適さのために、あえて手のかかる製法を貫いています。

ムーンスター(旧:月星化成)、アキレス等と並んで、ゴム靴メーカーとして知られている。国内では数少ないVP製法(直接加硫圧着式製法)の靴底製造を行える会社でもある。久留米市ではムーンスター、ブリヂストンとあわせて「ゴム三社」と呼ばれている。

@panda3091 所でどんな国産品が好きですか? 私は、アサヒシューズです?

国内を代表するスニーカーメーカー「アサヒシューズ」が新コンセプトと共にスタートさせた新ブランド"Asahi"。70年代にアサヒが生産を手掛けたNIKE コルテッツの木型を使っています。当時の日本製NIKE"THE STING"にそ… twitter.com/i/web/status/9…

■『blueover』■

私たちは日本の工場・職人たちと少数生産でレザースニーカーをつくっています。そのため価格も製造数も大量生産とはまったく異なるので、値段も決して安くはなく、なかなか入手しにくくなります。

だけど、国内での少数生産という方法をあえて選んで続けているわけは、それは大量生産でなくしてしまった”ものを大切にする”という気持ちと、日本を支えてきた工場と職人たちの技術や知識も大切にしていきたいと考えているからです。

こだわりのレザー素材と丁寧な日本の職人の手仕事によるスニーカーは、量産型のスニーカーにはない細部へのこだわりや履きやすさがあり、使い込むほどに感じる足へのフィット感に優れています。

■『moonstar』■

ムーンスターの歴史は、1873年(明治6年)、座敷たびの生産に始まり、以来140年にわたり、靴を通してお客様の快適な人生をサポートすることをめざして参りました。ムーンスターブランドがお客様にお約束すること、それは、お客様の足元の“安心”と安全“です。

やっと自分の足に合う靴に出会えました!デザインや履き心地も最高です。軽いのでウォーキングにも最適だと思います。素晴らしい靴をありがとうございました。今後も履き続けたいです。

『ムーンスター』のスニーカーは、福岡県久留米市にある自社工場で作られた「MADE IN KURUME」が特徴。原料のゴムの配合からはじまり、裁断、縫製、底付けから仕上げまで、すべての工程を熟練の職人が行っています。

■『SPINGLE MOVE』■

スピングルムーヴは職人気質あふれる街、広島県府中市から誕生しました。「流行に左右されず、日本産にこだわり、個性的なデザインで時代のニーズに対応して勝負できないか?」とにかく日本人の足型を研究し、究極の履き心地を追求してきました。

スピングルムーヴはスピングルカンパニーのファクトリーブランドとして2002年に登場したまだまだ新しいブランドです。80年にわたって技術と知識を培ってきた自社工場を残すためのプロジェクトから生まれたスニーカーとのこと。

最大の特徴はヴァルカナイズ製法と呼ばれるアッパーとソールを一体化させる技術。非常に希少性の高い技術でこの製法ができる工場は日本ではごくわずか。

1 2