1. まとめトップ

8.6秒バズーカーが反日発言→大炎上→謝罪も…「ラッスンゴレライの意味は言えない。放送できない」

【動画あり】過去の反日ソング発言が次々と見つかりSNSツイッターで拡散され炎上!テレビから消えた8.6秒バズーカーが真相、謝罪動画を公開!現在、田中シングルのインスタ、結婚・嫁、はまやねん(浜根亮太)は韓国人?本名は?永久追放?落寸号令雷(ラッスンゴレライ)は原爆に関係あり?デマ?

更新日: 2018年02月21日

2 お気に入り 656346 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

芸能ニュース、ゴシップが大好きなのでまとめました!

takadaiohsさん

YouTubeで謝罪動画を公開

はまやねん(左)
生年月日 1991年03月10日
身長/体重 170cm /80kg
血液型 A型
出身地 大阪府吹田市
趣味 スノーボード/自転車をこぐ/野球観戦
特技 野球

田中シングル(右)
性別 男性
生年月日 1991年02月26日
身長/体重 173cm /57kg
血液型 B型
出身地 大阪府吹田市
趣味 音楽、スケートボード、サッカー
特技 ギター、バンド

2015年にラッスンゴレライというリズムネタで大ブレイクしたものの、過去の反日発言が次々と見つかってテレビに出られなくなった8.6秒バズーカー。3年越しでYouTubeに謝罪動画を公開した。

反日ソングで消える

8.6秒バズーカーがブレイク直後にその逆である歌を反日ソングではないかと指摘する1つのツイートが話題になった。2015年4月にそれが瞬く間に拡散。

ラッスンゴレライは原爆を歌っており反日ソングではないかと指摘が相次いだ。更に歌の中で出てくる「ちょっと待って、ちょっとまってお兄さん」に似ている「Chotto Matte」号(機体番号 44-86400)が存在したことも発覚。ちなみに広島に原爆を投下したのはエノラ・ゲイで“機体番号 44-86292”となっている。

・8.6秒→8月6日原爆
・落寸号令雷(ラッスンゴレライ)←米軍が原爆を落とす号里枝を暗喩
・ちょっと待ってちょっと待ってお兄さん←エノラゲイ搭乗員に対する抑止文句を暗喩
・落寸号令雷(ラッスンゴレライ)ってなんですの?←原子爆弾に対する日本人の動揺を暗喩
(以下略)
※落寸号令雷はデマと発覚

当時のはまやねんと田中は、「ラッスンゴレライ」を原爆にこじつけられたことに対し、「考えたヤツすげぇな」と他人事のように思っていたとか。「(インターネットの巨大掲示板)2ちゃんねるの何人かがそう言い始めただけ」と楽観視していたが、合成された新聞の切り抜き画像が出回り、見出しだけでウワサを信じる人が増えていったそうだ。

その真相を8.6秒バズーカー公式YouTubeチャンネルで語った

まず8.6秒バズーカーは当時、大変な窮地に陥っていたと説明する。視聴者からクレームが殺到して番組が使えない事態になるのでテレビ局はトラブルを避けるために8.6秒バズーカーの起用を中止にし、さらにすでに収録済みの番組までお蔵入りさせた。

そしてすっかりテレビ露出が減り、過去の人になったのだ。さて本題はここから。一体どういうことだったのか、何が起きていたのか、8.6秒バズーカーが説明する。

まずは国籍について

人気絶頂だった8.6秒バズーカーは日本中から非難され「日本から出て行け」とバッシングされたという。しかし田中シングルは「両親とも日本人なので」ときっちりと日本人であると語った。

ネット上では「日本から出て行け」「帰れ」と書かれていたが、そもそも日本人なので帰る場所はないのだという。

ではなぜ、はまやねんはあたかも日本に恨みがあるかのような投稿をしていたのか?

はまやねんがデビュー前である学生時代に「もう日本オワタ。中国とロシアに一気に攻め込まれる(笑)植民地ぷぎゃあ」というツイートを行ってたことが発覚。

相方の田中シングルはこの投稿を見たとき、激怒したという。田中シングル「こいつ何してんねん!と。殺意すら湧きました。大喧嘩になりました」

出演している番組のスポンサーにクレームが殺到。企業側はネットの情報がデマだとは分かっているが、出演するたびにクレームが来てはたまらないということで、オファー済みの物がキャンセルとなり収録済みのものがお蔵入りになったこともあるという。また自身たちの実力不足があったことも認めた。

テレビ局のスタッフに「(反日とは)違うんはわかってるけど、出したらクレームが来るのよ」「事実どうこうじゃなく、お前らはもうクレームが来る芸人だから使えない」と言われたと、振り返っていた。

当時、はまやねんは2ちゃんねるに入り浸っており、斜に構えて政治的な発言をするのがかっこいいと思いこんでいた。2ちゃんねるで見たレスをコピペするようにTwitterに投稿していたのだ。

この点について、はまやねんは非を認めてしっかり謝罪

1 2 3