1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

15歳ザギトワが衝撃の世界新…五輪女子フィギュアが盛り上がっている!

30人によるフィギュアスケート女子ショートプログラム(SP)が行われ、大変盛り上がっているようです。

更新日: 2018年02月21日

16 お気に入り 134872 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

30人によるフィギュアスケート女子ショートプログラム(SP)が行われ、大変盛り上がっているようです。

isaaccさん

○フィギュアスケート女子ショートプログラムが始まる

金姸児(キム・ヨナ=28)が引退した銀盤の女王を目指す「花の戦争」が始まった。

世界選手権2連覇のエフゲニア・メドベージェワ(OAR)が25番、グランプリ(GP)ファイナル覇者のアリーナ・ザギトワ(OAR)が28番に登場。

○初出場の宮原知子と坂本花織

タレントで人気予備校講師の林修さんばりに「今でしょ!」という演技を見せる。坂本も入念に最終調整した。

メダル候補たちがイベント(団体戦)を通じて氷質への適応を終えた状態であるため、ショートプログラムから熱戦が繰り広げられる見通しだ。

○坂本花織が自己ベストを更新

女子ショートプログラム(SP)が始まり、坂本花織(17)=シスメックス=は第4グループトップの19番に登場。

○ノーミスで演じ切る会心の内容で5位

後半にジャンプを集中させる構成だったが、ノーミスで演じ切る会心の内容。

基礎点が1・1倍になる後半にフリップ-トーループの2連続3回転ジャンプ、3回転ループ、ダブルアクセル(2回転半ジャンプ)をすべて成功させ、演技後は喜びを爆発させた。

演じきった後は、こぶしを握りしめて満足感を示し、キスアンドクライでも奔放な笑顔がはじけた。

女子フィギュアスケート坂本花織⛸さんの演技に拍手高いジャンプ、見ていて安心できる丁寧な演技。73点超えの高い得点。見えてきたメダル。決勝もガンバレ⛸

フィギア女子SP 坂本花織 「ここまで勢いで来れたので、フリーはもうそのまま 突っ走していけたらいいなと思います!」 坂本花織は、まさに勢い!そのまま、突っ走れぇぇ

○宮原知子も自己ベスト更新し4位

○3回転ジャンプをいずれも成功

鬼門だった冒頭の3回転ルッツ―3回転トーループをきれいに着氷すると、続く3回転ループと最後のダブルアクセル(2回転半)も鮮やかに着氷した。

1 2 3