1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

世界記録連発!平昌五輪ロシア初の金を狙うザギトワ&メドベージェワ

平昌オリンピックフィギュアスケートシングル女子のSP(ショートプログラム)で宮原知子や坂本花織が自己ベストを連発する中、エフゲニア・メドベージェワが世界記録を更新。そしてそれをアリーナ・ザギトワが更に更新するというハイレベルの争いに注目が集まっています。

更新日: 2018年06月07日

12 お気に入り 44608 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

メドベージェワ選手とザギトワ選手の頂上決戦に大きな注目が集まっています。

nyokikeさん

▼平昌五輪フィギュアスケート女子SPで宮原知子が4位と坂本花織が5位

女子エースの宮原知子(19=関大)は自己ベスト更新のSP75・94点で4位発進となった。4大陸選手権で優勝の坂本花織(17=シスメックス)も自己ベスト更新し同73・18点で5位に入った。

宮原は団体SPで回転不足となった3回転ルッツ-3回転トーループを華麗に決めた。後半の3回転ループも余裕もって着氷。リンクを大きく使いステップ。ダブルアクセルもきれいに決めた。演技は笑顔を見せて声援に応えた。

26 Satoko MIYAHARA 気持ちのコントロール、いつも変わらない演技! 落ち着いたスケートは本当に日本美。 素晴らしかったです!!!! フリーも落ち着いて演技してほしいですね。

坂本は後半にジャンプを集中させる構成だったが、ノーミスで演じ切る会心の内容。演じきった後は、こぶしを握りしめて満足感を示した。

19 Kaori SAKAMOTO 素晴らしい演技!!! しいて言えばいつもより丁寧に滑っていてダイナミックなジャンプが少し小さかったかな。 ですが、初めてのオリンピックでさすがでした!!! フリーはもっとダイナミックに期待です。

▼ロシア(OAR)の女王、エフゲニア・メドベージェワ選手は世界記録を更新!

最終組1番手で登場したメドベージェワ。冒頭は華麗なステップ、スピンを織り交ぜ、表現力豊かに演じると、後半に固めたジャンプは3回転フリップ―3回転トーループ、3回転ループ、2回転アクセルとすべて成功させた。完璧な演技で滑り切り、会場から喝采が降り注いだ。表示された得点は「81.61」。自身が持つ世界最高得点を記録し、笑みがこぼれた。

「私には大会に出られたことが重要で、2カ月のブランク後の結果としては悪くない。多くはないが、五輪までまだ時間がある。全力を尽くす」

国営ロシア通信はメドベージェワの演技直後のインタビューを紹介し、「団体戦よりも良かったけど、ジャンプコンビネーションはもっと、うまくすることができた。滑ったときに『もう、こんなんじゃない』と思った」という。

25 Evgenia MEDVEDEVA (OAR) 最初のジャンプもいつもの流れが少しなくいつもより動きが硬い感じは受けましたがさすがの集中力! 女王の強さ。 素晴らしいスケーティング! さすがでした!

メドベージェワについて「負傷明けの演技だったが、スキル、音楽性、振り付けで高いレベルのプレゼンテーションを披露し、文句なく首位の座についた」

米大手誌「タイム」

▼その世界新記録をわずか20分で更新したロシア(OAR)のアリーナ・ザギトワ選手

28番手で登場したザギトワも圧巻だった。メドベージェワと同様に前半は表現力で会場を惹きつけ、後半に固めた3回転ルッツ―3回転ループ、3回転フリップ、2回転アクセルと完璧な演技を見せた。滑り終えると会心の笑みがこぼれ、ガッツポーズを炸裂させた。得点はメドベージェワが20分前に出した「81.61」を上回る「82.92」。15歳の天才少女が、衝撃を与えた。

基礎点が1・1倍になる後半に3回転ルッツ-3回転ループの連続ジャンプなど全3回のジャンプを決め、表現力を示す演技構成点(5項目)でも9点台中盤と高い水準を保った。得点はなんと82・92点(技術点45・30点+演技構成点37・62点)。

ザギトワは「演技に満足している。感情が振り切った状態。何の秘密でもないが、私の演技構成は世界で最も難しい。もし良い演技をすれば、世界最高得点になる(ことはわかっていた)。私たちは細部にいたるまで、努力した」と語った。

28 Alina ZAGITOVA (OAR) ルッツ+ループのコンビネーション!!!!!!!!!! もう最高!!!!!! 表現やスケーティングもシーズンを通して身についてきたようにも感じられる演技! スピンも本当に綺麗で良… twitter.com/i/web/status/9…

ザギトワについては「しかし、15歳の相棒であるブラックスワンは、その超えるのが難しい仕事以上の輝かしいテクニックで目をくらませた」と圧倒的な演技を称賛している。

米大手誌「タイム」

・アリーナ・ザギトワ選手は抜き打ち検査で練習が中断するトレブルに見舞われていた

1 2 3