1. まとめトップ

【静岡】知る人ぞ知る、山作戰。歌うおじさんのカッコよさを伝えたい。

静岡の蒲原に住んでいる、音楽家・山作戰。一回聞いたら、歌声や雰囲気のよさの虜になる人も多いです。知らない方も多くいるので、初めての方でもわかるように情報をまとめてあります。

更新日: 2018年05月14日

1 お気に入り 1993 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

静岡を盛り上げるためにいいものを見つけて、紹介しています。「山作戰」も多くの人に聴いてもらうとうれしいです。

su_tabibitoさん

□ 山作戰とは?

山作戰(やまさくせん、1972年8月6日 - )は日本のインディーズ・アーティスト。

山作戰は音楽活動での活動名。本名:高山 真徳

□ 現在は静岡市の蒲原に在住

熊本県天草郡生まれ。
静岡市清水区蒲原在住。

高校卒業後、東京で20年間音楽活動をし、CMや有名シンガーのコーラスなどで多くの録音に参加。
日本で一番大きなアミューズメントパークなどでも活動の後、「自分の作ったうたで生活したい」という思いから活動の形態を変えるも、後半は音楽で食べられなくなり派遣社員をする。
やがて、主にSNSとそれを通じた出会いで曲が広まり、自主制作のCDが広まり始め、願いどおり自分の作ったうたで専業音楽家に戻る。
活動が軌道にのる頃、増えた楽器屋機材とともに静岡に住み着く。

□ 3/9「ヤマサク春のセンまつり」が開催されました。

↓ 詳しくはこちら

□ とにかく聞いてほしい、おすすめの3曲

1.木曜日にあいましょう

たまたま静岡の地下で聞いてやられた曲です。
うっすら泣いたのは内緒です。。。

閉じた瞳に力を入れるような 現実を越えて あなたはここへたどり着いたろう こんがらがってもいまこのとき なにも見たくなくて閉じたはずなのに 涙があふれて 止まらなくて照れ笑いするような あなたに手を伸ばす またここであいましょう (山作柄『木曜日にあいましょう』) #山作歌詞

2.折れない心

ガネーシャ静岡(アンプティーサッカー)のテーマ曲にもなっています。

「ガネーシャ静岡」も知ってもらえたらうれしいです。

3.ゆいのうた

静岡で行われる桜えび漁の景色とそれに関わるひとびとの空気をうたった曲です

【#静岡】45才のおっさんが必死に歌っている姿は、かっこよかったです。#山作戦 #ゆいのうた #カッコいいオヤジ pic.twitter.com/X0brJBy91k

最初に聞いたこの曲はとても好きです。

□ 「ヤマサク春のセンまつり」のテーマ曲

違って当たり前のものと
埋もれていく気がする
不安の根が絡まる
平成の世の中も終わってしまう
素敵だと思って贈ったもの
検索結果が世知辛くしてしまう
ちがう世知辛く使うのはひとだ
あれやこれや ぼくやうた
もう土曜日だって ない ひといきれ
なぜあいつだけ なんでぼくだけ
みんな手を繋いでゴールは切れないもんね
限られたときの中で 思いは募る
愛しくて なくしたくないのにな だのにな
絶望の砂に咲く花 見えた気がした
ありふれても 気が触れても
あとすこし 尽きぬ思いを
もう少しだけ信じていたい

その他の曲も、YouTubeでかなり見れます。
ぜひ、たくさん聞いてほしいです。

□ 山作戰60(FRESH)ではカバー曲も聞けます。

□ マネージャーのしい鳩子さんとは

読み方は、”しいきゅうこ”さんです。
”はとこ”さんではないから、気を付けてください。

今年(2014年)4月にマネージャー兼社長とご結婚された高山さん。結婚後、作る曲に変化はあったのでしょうか?三上さんからは「今後は非リア充な曲を作っても説得力ないんじゃ…?」という声も。現在おふたりが暮らす蒲原のご近所、周囲の人には自身が何をしている人なのかが分かりづらいため、わかりやすく自分のやっている事を表現出来る楽曲を作るようになったそう。また、昔はばらつきのあった部分がまとまって来たと感じているそうです。奥様いわく「幸せにしてくれなさそうだから幸せにしてあげよう」という気持ちから高山さんの婿入りに相成ったとか!結婚までは高山さんは居候の身で、どちらともなく結婚に至ったと言います。

この夫婦、とても絵になりますね。
こんな映像見たら、めっちゃ応援したくなりますね。

1 2