1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

チームで勝ち取った金メダル!パシュート女子団体の偉業に歓喜の声が広がる

平昌オリンピックスピードスケート女子団体追い抜き決勝(パシュート)で日本が金メダルに輝いた。高木美帆、高木菜那の高木姉妹と、菊池彩花、佐藤綾乃のチームで勝ち獲った金メダルに歓喜の声が広がっている!

更新日: 2018年02月22日

10 お気に入り 26073 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

パシュート女子団体の偉業に歓喜の声!

karumaru0505さん

●女子団体パシュートは日本が金メダル獲得!

平昌五輪第13日(21日、江陵オーバル)スピードスケート女子団体追い抜き決勝で、日本は2分53秒89の五輪新記録でオランダを破り、金メダルに輝いた。

●高木美帆選手は金・銀・銅メダル獲得!

スピードスケート女子団体追い抜き日本チームの高木美帆(23)は、1500メートルの銀、1000メートルの銅に続く栄冠。

過去、1大会で金銀銅全メダルを獲得した日本選手は夏季五輪では8人が達成している。そのうち7人が体操で、残る1人は16年リオ五輪競泳の萩野公介。

8人はすべて男子で、冬季と夏季を通じて、1大会で金銀銅すべてのメダルを獲得した女子選手はこれまでいなかった。

●高木美帆選手は「このチームで勝ちたい気持ちだけで走った」

高木美帆を擁する日本は今季W杯で世界記録を3度更新しており、優勝候補に挙げられていました。

「3種目(メダルを)そろえるとかではなく、このチームでこの大会で勝ちたい気持ちだけで走った」とフォア・ザ・チームを強調した。

4人のメンバー全員で抱き合い、歓喜のウィニングランへ滑り出した。表彰台の真ん中に手をつないで上がった。「チーム全員の力がないと成し遂げることができなかった」と感謝した。

●4人で勝ち取った金メダル!

カナダとの準決勝は高木美帆(23)=日体大助手=、高木菜那(25)=日本電産サンキョー=、菊池彩花(30)=富士急=で臨み

ペースダウンのサインを後方を滑る2選手に送るなど余裕をみせ、2分58秒94でカナダに2秒90差つけた。

今季3度の世界記録に貢献したエース高木美帆は「自分たちがパシュートにかけてきた時間はどの国よりも長い」とチーム力への自信を強調していた。

●女子団体パシュートに歓喜の声が広がっている

パシュート金メダルおめでとうございます!!すごかった。ほんと感動しました。

女子パシュート金メダル 朝から感動して泣きそうになった

1 2 3