1. まとめトップ

今日から快眠!なかなか寝れない時の対処法まとめ16選

今眠りたいのに眠れない!日常的になかなか寝付けなくて悩んでいる!どうにかしたい!そんな人のためのまとめです

更新日: 2018年05月14日

6 お気に入り 4839 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

F.yukichiさん

眠れない…

2時間も前から寝る気マンマンでお布団に入ったけど眠れない 体はとても疲れてるしアクビも出て眠いのに

眠いんだけど、起きれるか不安&怖すぎて眠れないあ~、今から6時間くらいか…、ツラいなwwwww

寝れない理由はさまざま

人によって違う眠れない理由。


今すぐに寝たいのに寝れない!
今出来るすぐ眠る方法を知りたい!

いつも寝つきが悪く、ベッドに入ったらすぐに眠りたい!
より良く眠りにつくには何が必要?


この2つでも対策方法は変わってきます。
それぞれについて分けてまとめました。

「今、眠りたい。」そんな人の対策とは

明日起きる時間が早いから…

風邪などで体調をくずしているため身体を休めたいから…

などなど

そんな今すぐに寝たい!という人のための対策をまとめました

●ツボを押す

気軽にできる安眠法が「ツボを押すこと」なのです。
 
これなら寝ながらでも気軽にできますし、
1度覚えてしまえば、ずっと使うことができます。

肩こりや腰痛のツボなど、「ツボ」という言葉は日常的に使っていると思います。睡眠に関するツボも「眠気を覚ますツボ」や反対に「眠くなるツボ」もあります。

即効性のある、1人で押せるツボを厳選しました!!!

頭のてっぺんの中心地です。
指で押すとプニプニとへこむところが 百会の位置となります。

押す強さは、心地よいと感じる強さで十分で、強く押しすぎてもいけません。
ツマ楊枝を10本ほど輪ゴムで重ねて、百会を刺激するとなお効果的です。

親指の先をツボにあてて、ゆっくり持ち上げるように、上に押し上げるようにします。5秒間押し上げるのを1セットとして、5~10セット行います。

手の甲を上に向け指を開いて反らせた状態の時、親指の骨と人差し指の骨が交差する手前にあります。鎮静作用があり、自律神経を整える効果があります。

ツボ押しは“気持ちがいい”程度にとどめても十分効果が期待できるので、やりすぎは禁物ですよ

●呼吸を整える

夜遅くまで仕事をしていたり、寝る直前までパソコンやスマホを眺めていると、交感神経が優位になり、なかなか寝付けなくなります。
その状態を改善し、副交感神経を優位にするために、呼吸法が役立つのだそう。

478呼吸法は寝付けない時だけではなく神経が高ぶってリラックスしたいときにもおすすめですのでぜひ実践していただければと思います。

1. いったん口から完全に息を吐ききる
2. 口を閉じて鼻から4秒かけて息を吸う
3. 7秒間息を止める
4. 8秒かけて口から息を吐き出す
5. 以上のセットを3回くり返す

ヨガの呼吸法をベースにしたテクニックで、どんなに気分が高ぶっていても1分以内に眠れると言うんですな。提唱者のワイル博士によれば、朝晩の2回ずつ訓練しておくとさらに素早く入眠できるとのこと。

1 2 3 4 5