1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

大統領暗殺から復讐劇まで!「暗殺者」が登場する映画まとめ

「暗殺者(殺し屋、ヒットマン)」が登場する傑作映画5作品のまとめ。社会派サスペンスの名作「ジャッカルの日」、リュック・ベッソン監督の傑作「ニキータ」&「レオン」、アカデミー賞4部門受賞したコーエン兄弟「ノーカントリー」、B級テイストなクエンティン・タランティーノ監督「キル・ビル」。

更新日: 2018年06月10日

15 お気に入り 7571 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆『ジャッカルの日』(1973)

監督:フレッド・ジンネマン
脚本:ケネス・ロス
原作:フレデリック・フォーサイス
出演:エドワード・フォックス、マイケル・ロンズデール

ドゴール仏大統領暗殺を請け負った1匹狼の殺し屋ジャッカルと、これを阻止せよとフランス警察の全権を委任された警視ルベルの戦いを描いたフレデリック・フォーサイスのベストセラー小説の映画化。

暗殺に向けて用意周到に行われる準備とパリ警察の地道な捜査をリアリティたっぷりなディティールで克明に描いた社会派サスペンスの一級品。

ドゴール暗殺のクライマックスは、実際に起こらなかった事が判っているにもかかわらず物凄い緊迫感で迫る。

『ジャッカルの日』 ドゴール暗殺を企てる凄腕の殺し屋ジャッカルと警察の戦い。デヴィッド・ボウイ似のジャッカルが暗殺に向けて着々と準備をすすめる様子はこれぞプロフェッショナル。見ていて手に汗握ってしまう傑作 #1日1本オススメ映画 pic.twitter.com/MMlUD33cKR

出かけてたので、やっとジャッカルの日を観終えた。ジャッカルの用意周到ぷりや、幾つもの人物になりすまし、警察が次第に彼に迫りながらも、幸運が訪れたり時に不運に見舞われたりしながら、ド・ゴール暗殺に迫って行く展開は満点で面白い。そして最後のあのオチの秀逸。これは傑作だわ。

『ジャッカルの日』はいつ観ても名作だ。この映画を初めて観たのは午前十時映画祭で、オールタイムベスト100に入る作品だな。フレデリック・フォーサイスの原作も傑作だし、いい作品ですね。アメリカのリメイク版はダメでしたが…(^^;;

◆『ニキータ』(1990)

監督:リュック・ベッソン
脚本:リュック・ベッソン
出演:アンヌ・パリロー、ジャン・レノ

警官を射殺して捕らえられた麻薬中毒の少女ニキータは、政府の秘密機関に属する暗殺者になることを迫られる。3年後、特訓の末にプロの殺し屋になった彼女は恋に落ち、幸せな日々を望んで苦悩する。

リュック・ベッソン監督が、斬新な映像とパワフルなアクションで描く、エレガントなヴァイオレンス・ムービー。主演のアンヌ・パリローは1年に渡って格闘・射撃訓練を行い、その身のこなしには本物の迫力がある。

1993年にはブリジット・フォンダ主演のハリウッドリメイク版「アサシン」も作られ、1997年にカナダで、2010年にアメリカでそれぞれテレビシリーズも製作された。

「ニキータ」見直してる。もう主要キャラは全員素敵だが個人的にはジャンヌ・モローとジャン・ユーグ・アングラードが絶品。リュック・ベッソンの生涯最高傑作だと思う。

ニキータ鑑賞。リュック・ベッソン監督の傑作レオンのプロトタイプ的作品。レオンが交流を描いたなら、ニキータは内面を描いた映画。どちらも殺し屋の成長と愛を通じた切ない話だ…… 一番の驚きは、ジャンレノの殺し屋が登場したこと。まさかレオン!? と思ったけど全然そんなことなかったぜ。

@thekagaseknight ニキータが最高傑作だと思ってるので、レオン派にしばしば刺されます

◆『レオン』

監督:リュック・ベッソン
脚本:リュック・ベッソン
出演:ジャン・レノ、ナタリー・ポートマン

孤独な殺し屋と12歳の少女の切なくも凶暴な純愛を描いたアクションドラマ。

1作ごとに注目を集める現代フランス映画界の寵児、リュック・ベッソンが初めてアメリカを舞台に選び、ワールド・ワイドな展開を試みた(台詞は英語)。

大都会の片隅で出会った孤独なふたりの葛藤と壮絶なアクション・シーンがほどよくブレンドされた佳作だが、その功績は朴訥だが頼もしいJ・レノと繊細でいてたくましいN・ポートマンの二人の魅力に負うところが大きい。

【レオン】 マフィアに家族を殺された少女マチルダは、隣の部屋に住む殺し屋レオンに助けられる。復讐を誓うマチルダに殺しの技術を教えるレオン。2人の間には友情が。 やがて2人はマフィアの皆殺しへと向かう。 誰もが認める傑作。ゲイリー… twitter.com/i/web/status/9…

『LEON』鑑賞! テレビでも再放送してたけどちゃんと見たこと無くてAmaプラで配信されてて有り難い 早く観てれば良かったー!と思う程に最高傑作でした!!! 当時13歳のナタリーポートマンの美しさよwレオンとマチルダちゃんの関… twitter.com/i/web/status/9…

【LEON】鑑賞 傑作すぎた、なぜ今まで見なかったのか…ってくらい良かった、ジャンレノのレオン役はもちろんよかったんだけどナタリーポートマンのマチルダがもうほんと全てが好きすぎた。今まで見てきた映画のヒロインで1番可愛かったかもし… twitter.com/i/web/status/9…

◆『キル・ビル』

監督:クエンティン・タランティーノ
脚本:クエンティン・タランティーノ
出演:ユマ・サーマン、千葉真一、栗山千明

組織の裏切りにより夫と子供を失った元殺し屋、ザ・ブライドはかつての組織の仲間たちに復讐を開始する。

1 2