ウソでしょ…?勝手に貯金してくれる「神アプリ」

貯金ってなかなか難しいものですよね…。そんなあなたをお助けする自動貯金アプリをまとめました。

更新日: 2018年02月28日

400 お気に入り 118018 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

「貯金ムリ」って人でもデキそう!

しらたまは、知らない間に自動で貯金をしてくれるアプリ。アプリ上にバーチャルな貯金箱が作られ、連携した銀行口座から自動的に貯金されるという仕組み

クレカで買い物したおつりを利用する「おつり貯金」。これは、例えば事前にユーザーが決めた設定額が500円で、クレカを使って460円の買い物をした場合、差し引きの40円を自動で貯金できる

おつり貯金の設定額は、「100円」「500円」「1,000円」から選べます。

Amazonと楽天を対象とする「値引き貯金」。これは、セールやクーポンを通じて買い物をした際に、定額からの値引分を払ったつもりで自動貯金できる

(しら)ずにお金が(たま)るiOS向け貯金アプリ「しらたま」 ascii.jp/elem/000/001/5… pic.twitter.com/9KHWEFsh1Z

貯金の目的や目標金額を設定して、貯金のペースを自由に選択することができるのも特徴。

【注意点】
現在の連携金融機関は住信SBIネット銀行のみとなるため、同行での口座開設が必須となるが、今後は対応金融機関の拡大も図っていく予定

これで貯金できないなら最後かも?

finbeeは、銀行口座(※)と連動した自動貯金サービス

※連携可能な金融機関は「住信SBIネット銀行」「みずほ銀行」。

「おつり貯金(※)」や「つみたて貯金」といったルールを設定するだけで、簡単に貯金を行うことができます

※こちらも100円、500円、1,000円から金額設定が可能。

さらに貯金機能はこれだけでなく…

スマートフォンのGPSと連動して特定の場所を訪れた際に貯金できる。

finbeeで設定した金額に対して、1カ月分のカード決済金額合計との差分を貯金。

iPhone「ヘルスケア」、Android「Google Fit」の歩数計と連動させて貯金ができる。

「歩いたら」のほかに「歩かなかったら」も設定できるので、1日○○歩以上歩いたら○○円だけでなく、1日○○歩以上歩かなければ○○円という使い方もアリ

Zaim 上でレシート撮影したり出金情報を手入力したりすると、finbee 上に設定された貯金ルールにより、自動で貯金が可能

購入した分を貯金できる。

finbeeポイントは、アプリで貯金した毎月の合計金額に対し、0.1%分のポイントが翌月1日に利用者へ付与。貯まったポイントは、1ポイント=1円としてAmazonギフト券と交換することが可能です

1