1. まとめトップ

スキルアップしたい!けど時間の確保なんて無理!そんな人の「スキマ時間」活用のススメ

スキルアップを目指して自己研鑽することは将来にとって良いことなのは異論はないと思います。しかし、日々の仕事でそんなことする気にとてもなれない!と思っている方がほとんどだと思います。ここでは「スキマ時間」を上手く活用することでスキルアップの時間にあてましょう!

更新日: 2018年02月23日

5 お気に入り 4402 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

社会人の68.0%がスキルアップに対して意欲的

自己研鑽として取り組んでいることがある」方は56%

1万人に聞いた「自己研鑽」意識調査
自己研鑽をしている方は56%。

56%っていう数字は高く感じましたか?それとも低く感じましたか?

自己研鑽をしている方の6割は、費やす時間は月5時間以上

自己研鑽をしている方の6割は、費やす時間は月5時間以上、

引用元ページの"【図4】月間で自己研鑽にかける時間はどのくらいですか? ※年代別/男女別"
を見ると、費やす時間は6割の方が月10時間未満となっています。
だいたい月に10時間くらいの時間を費やしていることになりますね。

例えば何か資格を取ろうと思った時に必要な時間は?

通学しながら免許を取得する場合、早い人で1ヶ月、遅くとも3ヶ月で多くの人が取得しているようですが、中には10か月近くかかる方もいるようです。

有名どころの簿記の資格を取ろうと思った時に、3級→2級と順にステップを踏んでいくと、単純計算で300時間掛かることになります(覚えるところの重複があるのでこれよりも時間は抑えられる可能性は高そうですが)。

つまり、平均自己研鑽の時間である10時間を当てはめると、30ヶ月=2年6ヶ月掛かる計算になります。

ただ、そんな長い期間を腰を据えて続ける気がしない!って普通思いますよね?
やるにしても、せいぜい半年~1年以内の計画で達成していくのが無難な気がします。

つまり月25時間~50時間の時間確保が必要になる訳です。

だけど、仕事が終わって帰った後で勉強なんてする気がしない

別に机に向かってガリガリと勉強するっていう方法しかないと思ってませんか?

電子書籍に対応したビジネス書や資格の本も増えています

本を持ち歩かなくてもスマホやタブレットで見れたりするので、通勤時間やちょっとした時など、「スキマ時間」を利用することで勉強時間を確保します。

小さな積み重ねが成功(合格)への第一歩になります。

スキマ時間を活用しよう!

勉強時間はスキマを徹底して利用する

●【ちょっと一息】机で座って勉強のイメージを持つ人が多い事実

スキマ時間の活用方法とは外れますが、勉強のイメージを変えるという意味で読んでおいても損はない内容です。

1