えっ意外。。「iPhoneXのいま」を調べてみた結果…

大きな話題となったのもつかのま…約4半期が経ったことで、様々な姿が見えてきました。 ※性能に関しては、個人差がございます。

更新日: 2018年02月24日

38 お気に入り 334144 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

発売日の盛り上がりから、早三ヶ月…

昨年の第4四半期に販売されたiPhoneの全モデルのうち、iPhone 8とiPhone 8 Plusの合計の売上比率は41%だった。一方でiPhone Xの売上比率は20%にとどまっていた

2018年1~3月期におけるiPhone Xの生産台数を、当初予定の約4000万台から、約2000万台に減らす計画

「iPhone X」に使われる部品について、その発注量を60%減らしたという。

アップルアナリストの間では、iPhoneの最高級機種iPhoneXは売れ行き不振のため、発売から1年以内にも生産停止になるという噂が飛び交っている

原因の一つが、トラブル報告の続出で

寒い場所でディスプレイが応答しないことや、大音量時にスピーカから異音がすることなど、いくつかの問題が明らかになっている

ユーザーが、「通話後にiPhone Xを耳から離しても画面表示が元に戻らない」「ハンズフリー通話後、赤いボタンを押しても反応しない」とAppleのサポートコミュニティやTwitterで報告しています

iPhoneは若者からは「高嶺の花」だが、iPhoneシリーズ全体の人気は依然高いといわれている。だが、Xに限って言えば、若者離れが起きている

iPhoneXの画面勝手に動く減少一向に治らないから7に戻すか...

このピンチに、アップルは早急に対応

Appleは、「iPhone X」で通話を着信した際に発信者や「応答」「拒否」のボタンがすぐには表示されないという報告について調査中

(また、)性能向上に専念するために「iOS 12」の複数の新機能を延期するという報道があった

さらに、最新版が出るウワサが…!?

新型iPhoneとして6.1インチの液晶ディスプレイを搭載したモデル、5.8インチの第2世代iPhone X、6.5インチの第2世代iPhone Xの大型版(第2世代iPhone X Plus)を計画している

iPhone Xの“大画面バージョン”的な6.5インチ端末をリリースすることで、より多くの顧客にアピールする狙い

1