1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

次はあなたが犯人にされるかも!?「冤罪」がテーマのマンガまとめ

「冤罪(無実の罪)」がテーマの、おすすめ漫画6作品のまとめ。「テセウスの船」(東元俊哉)、「逃亡弁護士 成田誠」(画:髙田優、原案:剛英城)、「無頼伝 涯」(福本伸行)、「MONSTER」(浦沢直樹)、「勝利の朝」(塀内夏子)、「闇の逃亡医」(作:高山紀芳 画:加藤唯史)。

更新日: 2018年10月06日

47 お気に入り 29645 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆『テセウスの船』(東元俊哉)

1989年、北海道の小学校で、児童含む21人が毒殺された。逮捕されたのは、村の警察官だった佐野文吾。28年後、佐野の息子・田村心は、死刑判決を受けてなお一貫して無罪を主張する父親に冤罪の可能性を感じ、独自に調査を始める。事件現場を訪れた心は、突如発生した濃霧に包まれ、気付くと1989年にタイムスリップしていた。

「テセウスの船」1巻。大量殺人犯の父を持ち加害者家族として苦難を生きて来た主人公。免罪の可能性を調べるべく現場の村へ行くと霧に包まれ事件前までタイムスリップ。不可解な点の多かった事件前から少しずつ真相を体験していく感覚がとても面白… twitter.com/i/web/status/9…

『テセウスの船』くそ面白い。 近い将来に映画化される予感。

[コミック]「テセウスの船」最新2巻まで読了。これは面白い!村の中の誰が殺人犯なのか⁉ 猟奇的な犯人、それは誰なのか⁉ 目が離せないですっ! pic.twitter.com/BO2tFYFtlf

◆『逃亡弁護士 成田誠』(画:髙田優、原案:剛英城)

無実の罪を着せられ指名手配中の弁護士・成田誠が、繁華街の雑踏に身を隠し、名を変え、職を変え、逃亡を続けながら真犯人を追う!超実力派ルポライター&俊才が描く、孤独と絶望の法律運用ドラマ!!

ノリで借りた逃亡弁護士成田誠だったけど、これ面白いかもしれん…絵が好きだし内容も面白いヾ(:3ノシヾ)ノシ

【漫画】高田優/剛英城「逃亡弁護士・成田誠全6巻」殺人事件の容疑者として全国指名手配をされている主人公、成田誠。無実の罪をはらすため逃亡しつつも、その先々で出会う困った人々、を元弁護士の能力を以て助けていくという話。法律の話とかは知らない事ばかりで面白いです。

◆『無頼伝 涯』(福本伸行)

「見てろっ…!オレは必ず這い上がるっ…!」資産家の老人を殺害した犯人に仕立て上げられた中学生・工藤涯が、自分の無実を証明するために闘っていくサスペンスアクション。

「無頼伝 涯」は読了。 素晴らしい。 これと「最強伝説 黒沢」は、全人類が1回は読んどくべき傑作だと思う。 学校の図書室に置いた方がいいし、教科書に載せたらいいんじゃねーか。 福本は、ギャンブル系じゃない作品に真の傑作があるよね。

無頼伝・涯 #持ってるマイナー漫画のタイトル晒して反応をみる  福本伸行の傑作だが、扱うテーマがざわ・・・ざわ・・・どころじゃない重さだったため少年誌では人気が出なかった

◆『MONSTER』(浦沢直樹)

浦沢直樹氏によるミステリーの最高傑作。ベルリンの壁崩壊前後のドイツ、チェコが舞台となっているこの作品。 冤罪や猟奇殺人、医療倫理、病院内の権力闘争、親子愛・兄弟愛などの家族のあり方、人間愛、児童虐待、アダルトチルドレン、トラウマなど……今日にも問題となっているようなテーマが取り上げられています。

30:浦沢直樹「MONSTER」 浦沢さんはキートンとかPLUTOも傑作なのですが、やはりコレが凄い。 読んでしまう…いや読まずにはいられない魅力…主人公を全力で応援したくなるし、関わる人々との束の間の交流に胸熱です。

#いいねの数だけ好きな作品を適当に述べていく 浦沢直樹/MONSTER これも鉄板かな?名作ですね 僕は20世紀少年よりもMONSTER派です 次点でMASTERキートン 完全版が何年か前に出ましたよね、加筆修正がかなり入って… twitter.com/i/web/status/9…

テレ朝チャンネルにて浦沢直樹原作「Monster」一挙放送中。アニメーションとしてもサスペンスものとしても上質な作品だと思います。改めて観るとアニメ製作者側が原作の良さを最大限に引き出して居るのが分かります。個人的にはDr.テンマ… twitter.com/i/web/status/9…

◆『勝利の朝』(塀内夏子)

自白をでっちあげた警察を相手に、弁護方針が決まったのは第一審のわずか3日前。そして次々と明らかになる警察の不当な取り調べ。大人の嘘と横暴に傷つき、生きる希望を見失った少年達は「明日」を勝ち取ることができるのか!?司法の闇を描き話題となった名作。

最近話題の犯行予告のえん罪事件で思い出した。塀内夏子「勝利の朝」というマンガがおすすめ。実話に基づいたえん罪もの。

少年の冤罪を扱った塀内夏子氏のマンガ『勝利の朝』に出てくる弁護士のセリフ「毎日なぐられて… 心も傷つけられて… そういう学校なら、行かなくたっていい!」読んだ93年当時の衝撃を覚えています。Kindle読み放題に電子復刻されていま… twitter.com/i/web/status/9…

法クラに薦めるマンガ。思い浮かぶもの。 『そこをなんとか』 『勝利の朝』 『ナニワ金融道』 『メスよ輝け!!』 『銭』 『司法修習QUEST~弁護士になるまでに』 『法廷ライター まーこと裁判所へいこう! 』 『こちら大阪社会部』 『家栽の人』 『マンガ版 刑事弁護ものがたり』

1 2