1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

日中軍事衝突から“りんくま”初主演まで!「新作映画」情報まとめ

平昌五輪中に解禁された「新作映画情報」4作品のまとめ。日中の軍事的衝突という近未来!?を描いた人気マンガの実写化「空母いぶき」、橋本愛×門脇麦×成田凌「ここは退屈迎えに来て」、黒川芽以主演「美人が婚活してみたら」、“りんくま”久間田琳加が初主演「~harajuku story~ヌヌ子の聖☆戦」。

更新日: 2018年05月22日

5 お気に入り 7411 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆『ここは退屈迎えに来て』(2018年秋公開)

橋本愛主演で山内マリコ「ここは退屈迎えに来て」映画化、門脇麦と成田凌が共演(コメントあり) #ディズニー natalie.mu/eiga/news/2701… pic.twitter.com/qpszX7tMl6

人気小説を映画化する「ここは退屈迎えに来て」(今秋公開)に女優の橋本愛(22)が主演し、門脇麦(25)、成田凌(24)が共演する。

地方都市で暮らす「私」(橋本)と「あたし」(門脇)が、それぞれ忘れられない存在である「椎名くん」(成田)に思いをはせながらかつての青春に向き合うストーリー。

原作は山内氏のデビュー作で、「R-18文学賞」読者賞受賞作「十六歳はセックスの齢」を含む連作小説。紀伊国屋書店スタッフが全力でおすすめするベスト30「キノベス!」にもランクインし、「ファスト風土」小説としてネット上でも話題騒然となった。

そんな小説を、今回『ストロボ・エッジ』『ナミヤ雑貨店の奇蹟』『ママレード・ボーイ』の廣木隆一が映画化。

ここは退屈迎えに来て キャストに門脇麦さん、橋本愛さん これは観に行きたい

「ここは退屈迎えに来て」橋本愛ちゃんは27歳の役。撮影時は21歳。リトル・フォレストは17歳時に25歳の役だったし、相変わらず年上の役をやるね。原作は短編集だったけれど、映画は二人の女性に焦点を当てるのね。良さそう。

◆『~harajuku story~ヌヌ子の聖☆戦』(2018年冬公開)

女性ファッション誌「セブンティーン」の専属モデルで“りんくま”の愛称を持つ久間田琳加(くまだ・りんか=17)が、映画「ヌヌ子の聖★戦」(今冬公開)で初めて主演を務める。

久間田が演じるのは、容姿端麗で現実主義な読者モデル・三吉里奈。オシャレ好きの女子大生・田原葵と共に「双子」ならぬ「ヌヌ子」という愛称で活動する里奈が、「夢」「希望」「不安」「悩み」を抱えながら大切なものをみつけていく物語。

ツインズ・双子コーデといったファッションカルチャーが生まれる原宿を舞台に、原宿を愛する二人の女子、原宿ファッションのカルチャーにフォーカスした作品となっている。

監督を務めるのは本作が長編デビュー作となる進藤丈広。「神様のカルテ」の深川栄洋がプロデュースを担当する。

りんくま映画出演するの?! しかも主演ですって〜 公開されるのはまだまだだけど楽しみだなー✨ pic.twitter.com/1j9396r7xD

◆『美人が婚活してみたら』(2019年公開)

テレビ朝日と吉本興業が、女優黒川芽以(30)主演の映画「美人が婚活してみたら」を共同制作する。

漫画アプリ「Vコミ」で累計1000万PV突破の同名コミックの実写化。

付き合う男性とは不倫ばかりで、大きな失恋をきっかけに燃え尽き症候群になった「アラサー女性」のタカコが、人生の一発逆転を結婚に求め、婚活をしていく中で、大切なものに気づいていくというあらすじだ。

監督は『恋するマドリ』『勝手にふるえてろ』の大九明子。脚本を連続ドラマ『卒業バカメンタリー』で脚本を担当しているじろう(シソンヌ)が務める。

うわあああ!!!大九明子×黒川芽以で『美人が婚活してみたら』映画化素晴らしい!!!✨✨✨『勝手にふるえてろ』最高だったよ……あの映像で美人が婚活してみたら観れるのめちゃくちゃ嬉しい観に行くよおおお仕事行く前の夫捕まえて吠えた(*´Д`*)

美人が婚活してみたらの映画版をシソンヌじろうさんが脚本書くの本当にぴったり! 今日ネットニュースで記事見た時、すぐ甘いお酒でうがいのあの感じとか、コントで見せるあの女性の雰囲気とか思い出して、もう絶対じろうさんが書いたら面白くなるだろうし、絶対良い映画になるよ本当に✨

◆『空母いぶき』(2019年公開)

「沈黙の艦隊」などで知られるかわぐちかいじさんのマンガ「空母いぶき」が実写映画化され、2019年に公開される。

1 2